甲午(きのえうま)生まれの性格・特徴【2022年の運勢】

占いと言えば、何占いを思い浮かべますか?

タロットや手相、星座、風水、四柱推命など思い浮かべる人も多いと思います。

ここでは四柱推命により分かる運勢や性格、特徴などをご紹介していきます!

“四柱推命の世界は歴史も古く、最も早く自分の命運を知ることができる近道”であり、過去、現在、未来の命運を推察できます。

《四柱推命(しちゅうすいめい)とは》

陰陽五行説を元にその人の産まれた生年月日時を10個の「干」と12個の「支」に置き換え運命を推察する占術です。基礎情報の鑑定に非常に強く、運勢の良し悪しを的確に判断できる特徴があります。

また、四柱推命(しちゅうすいめい)は陰陽五行説(古代中国の思想や易から発生)を元に生まれた「年」「月」「日」「時」の四つの干支を柱とし、その人の先的な可能性を推し量る占術で、陰陽五行説は、自然界を構成する『木・火・土・金・水』という5つの元素=五行を、さらに陰と陽に分けるという考え方です。陰陽五行説は、占いだけではなく漢方や鍼灸など、東洋系の医療や技術の考え方の基本としても使われているのです。

気になる2022年の運勢や恋愛&結婚、相性についても男女別に詳しく解説しています。

今回は『甲午』生まれの人について解説していきたいと思いますのでご覧ください。

【2022年】甲午(きのえうま)の運勢

甲午生まれの2022年の運勢は、良く考えてから行動すると良い1年になる傾向が高いです。すべての事において、頭をよく使って考えることで最善の方法が見いだせるでしょう。

金銭面でもしっかりと管理を行い、予算や貯蓄にも計画性を持つよう心掛けて下さい。買い物なども衝動買いではなく、じっくりと考えて本当に必要な物なのか見極めていくことも重要になっていきます。この1年は特に家電製品への興味が湧きそうなので特に必要かどうか注意が必要です。家電製品は値段的にも高額な品物が多くあり、もし必要でなかった場合に保管場所にも困ることになり、処分するにしても困ります。後で後悔しないためにもしっかりと考えてからの購入をおススメします。

日常の生活の中で情報収集をしていくと更に良いでしょう。

健康運では、規則正しく過ごすこと、自然の物を取り入れることによって健康状態を保てる1年となりそうです。

起床時間や就寝時間をある程度決め、環境に優しい生活用品を使用したりしてみましょう。食材では季節を感じられる旬の野菜やフルーツなど積極的に取り入れ、芳香剤の代わりに生の花を飾って香りを楽しむのもおススメです。

心身ともに安らげてリラックスできるよう、休日の使い方も考え有効に過ごしましょう。

甲午(きのえうま)の読み方と意味

甲午の読み方は、きのえうま・こうぼくのうま・こうごです。十干(じっかん)と、十二支(じゅうにし)の組み合わせは60通りあり、干支の中で第31番目の組み合わせとなっています。

干支といえば、12種類の動物を思い浮かべる人が多いと思いますが、それは『十二支(じゅうにし)』と呼ばれるものです。本来、干支とは十干(じっかん)と十二支(じゅうにし)の「干」と「支」の2つの意味が合わさってできた言葉で、正しくは「十干十二支(じっかんじゅうにし)」と呼ばれています。

十干とは、「申(きのえ)・乙(きのと)・丙(ひのえ)・丁(ひのと)・戊(つちのえ)・己(つちのと)・庚(かのえ)・辛(かのと)・壬(みずのえ)・癸(みずのと)」のことで、十二支とは、世間一般で広く使われていて干支と呼んでいる「子(ね)→丑(うし)→寅(とら)→卯(うさぎ)→辰(たつ)→巳(み)→午(うま)→未(ひつじ)→申(さる)→酉(とり)→戌(いぬ)→亥(いのしし)」のことです。これらの「十干」と「十二支」を組み合わせた「十干十二支=干支」が60通りあるのです。そして、干支(十干十二支)が一巡し誕生年の干支に還ることを還暦(60歳)と言います。

十干の甲「きのえ」と十二支の午「うま」が組み合わさって成立している干支で、十干の甲は陽の木、十二支の午は陽の火、この2つが出会う相生(木生火=木は燃えて火を生む)の関係になります。

甲午の前には「癸巳」があり、癸巳、甲午、乙未、丙申の順に移っていきます。一番最近の甲午は、2014年(平成26年)に訪れたので、次の甲午は60年後(干支の周期は60年)の2074年となります。

【男女共通】甲午(きのえうま)の基本的な性格と特徴

甲午生まれの人は、純粋で見返りを求めない奉仕精神が強い性格です。また、献身的な行動は周囲にも良い影響を与え結束力が高まっていくでしょう。

人を疑うことがなく真面目で一生懸命な特徴を持つ甲午生まれの人ですが、心が純粋過ぎるあまり騙されやすいこともあるので注意が必要です。

正義感が強く人のために動くことができる気質は、リーダー的なポジションで活躍に期待が持てます。しかし、内面には頑固な面を持ち合わせているので、傲慢なふるまいになることもしばしばありそうです。基本的には協調性のある性格ですが、内面が表立った場合、今まで培ってきた信用も失いかねないので気を付けましょう。

少々派手好きな部分もありますが、性格は控えめで気配り上手な傾向が高いです。誰にでも公平な態度で接することができ、多少の事では怒ったりせず温厚な性格です。また、自身の可能性を信じているため、努力も惜しみません。

正直者で真面目な性格で人のために動くことができるので、周りから好かれ頼りにされる存在です。

甲午(きのえうま)男性の性格

甲午生まれの男性は、とても真面目で穏やかな性格です。控えめな性格ですが、内面には強い意志をしっかり持っており、惜しまない努力と強い精神で最後までやり遂げていけます。個性を前面には出しませんが、重要な場面では意見を発しながら成果へと繋げていける力強いところもあるのです。

人の気持ちになって考えることもでき、常に冷静さを崩さず困難にも対処できる姿は多くの人からの支持を集めています。また、あこがれの存在となる傾向も大きいです。

意見をまとめることも得意としますのでリーダー的な気質も持ち合わせています。温かく思いやりがあり裏表のない純粋な性格は、年齢を重ねるごとに人間としての厚みを作り出していくでしょう。

年齢問わず誰からも頼りにされ、人の上に立ち成功する可能性が大きいです。

甲午(きのえうま)女性の性格

甲午生まれの女性は、社交的で誰とでも分け隔てなく接することができる特徴があります。クールで派手なタイプに見えますが、繊細で内向的な性格で人間関係に恵まれる傾向が高いです。

嘘や偽ることを嫌いストレートな発言でいつも明るい甲午の女性は、中性的な雰囲気があるので男女問わず人気が高いです。しかし、思わぬところで敵を作ってしまうこともあるので注意が必要です。

基本的にてきぱきと動くため、滞っていたり遅かったりするとやや短気でせっかちな面が出てきてしまいます。思わぬトラブルを招くことの原因にもなりかねませんので心に余裕を持つよう心掛けましょう。

いつでも献身的な行動で合理主義者なところは、徐々に運気が開けて上昇していく可能性が高いため、年齢とともに期待が持てます。

甲午(きのえうま)の年柱・月柱・日柱・時柱の性格・特徴

四柱推命とは、人の生まれた命運を推察する方法で現在では世界中に知られています。人生を大きく4つのサイクルに分けて、1つ目を年柱、2つ目を月柱、3つ目を日柱、4つ目を時柱とし構成されています。

甲午の性格や特徴にどんな影響を与えているのでしょうか。

甲午(きのえうま)の年柱

年柱は自分のルーツや成育環境、人生の傾向などを表します。年柱と特に密接な年齢域は0~20歳で、大切な人との出会いと別れを繰り返し、成長していく時期でもあり、社交運や年長者との関係、先祖や両親との関係が見えます。

ボランティア精神に溢れるような環境で育つ時期となります。親が心配するような行動をすることはなく、どんな場面でも礼儀正しくできます。少し恥ずかしがり屋な面があり目立つ事が苦手ですが、大人から可愛がられる傾向にあります。単独よりも集団行動を優先する傾向がみられます。

甲午(きのえうま)の月柱

月柱は社会運や成功運、持って生まれた福分などを表します。月柱と密接な年齢域は20~40歳で、働き盛りで仕事運や家庭運、自分自身の生き方や才能が見えます。

奉仕精神が強く仕事に打ち込む時期となります。現実的な欲求があまりなく、周囲への奉仕する気持ちを優先させ過ごしていくでしょう。素直で人当たりがよく、優しい性格なので好かれることが多いですが、騙されたり利用されたりしないよう注意が必要です。

甲午(きのえうま)の日柱

日柱は自分自身や配偶者、私生活、結婚生活などを表します。日柱と密接な年齢域は40~60歳で、中年期に入り、恋愛運や配偶者、自分自身のことについてが見えます。

純粋でお人好しの気質がそのまま出て騙されやすくなる時期となります。それでも人を信じてしまうところがありますが、周囲の人によって守ってもらえる傾向が高いです。“本当に信用できる人を見つけること”が重要となり、運気も安定しやすくなります。

甲午(きのえうま)の時柱

時柱は子供運や晩年運、仕事能力などを表します。時柱と密接な年齢域は60歳~死亡するまでで、晩年期を迎え、子供や目下の人との関係、部下との関係が見えます。

真面目に頑張りますが意志が弱くなっていく時期となります。自分でなかなか決断できないため、流されてしまいやすい傾向がみられます。この時期は、流れに逆らわない方が無難なので周囲の人の意見に耳を傾けましょう。

甲午(きのえうま)と十二運

十二運は、日干からみた十二支の強さを表したものです。胎、養、長生、沐浴、冠帯、建禄、帝旺、衰、病、死、墓、絶の12種類から構成されていて、受胎し新生命が宿り母体によって養われて生まれ、産湯につかり成長しひとり立ち、人生の旺盛期で社会的な地位を得て引退し、衰退していく中で病にかかり死に至る。そして墓に入り霊魂状態となって胎に戻るという人の一生になぞらえて表現されています。本家の中国台湾では生旺墓絶と言われ、中国占術全般で広く使用されています。

【甲午(きのえうま)と胎(母の胎内に宿る時期)】

胎と組み合わさる場合、変化の多い環境に晒されて人のために行動することが多くなる時期となります。自身で決断する事が難しくなりストレスが溜まりやすくなっているので気を付けましょう。しかし、変化が成長へと繋がっていくでしょう。

【甲午(きのえうま)と養(生まれ養育されている時期)】

養と組み合わさる場合、人のために行動する時期となります。また、優しく控えめですが、ストレスを溜めやすい傾向がみられるので注意が必要です。

【甲午(きのえうま)と長生(いちじるしく育つ時期)】

長生と組み合わさる場合、厳しい環境に置かれても諦めることが出来ない時期となります。そのため、深く傷付くことがありトラウマとなって残りやすいでしょう。後悔しないよう早めの気持ちの切り替えが必要となります。

【甲午(きのえうま)と沐浴(悪いことも覚える時期)】

沐浴と組み合わさる場合、飽きっぽくなり根気に欠ける時期となります。全力で取り組む姿勢はあるのですが、根気がなく締めてしまう傾向がみられます。最後まで諦めない気持ちで取り組むよう意識してみましょう。

【甲午(きのえうま)と冠帯(成人し社会にでる時期)】

冠帯と組み合わさる場合、素直な人柄が伝わり人脈が広がっていく時期となります。しかし、全ての人が味方だと思わないよう気を付けて下さい。見極める力を養い、騙されないように注意が必要です。

【甲午(きのえうま)と健禄(一家の主として稼ぎまくる時期)】

建禄と組み合わさる場合、頑張ることによってトラブルが発生してしまう悪循環な時期となりそうです。ひとりで解決しようと思わずに周囲に助けを求めましょう。様々なところから救いの手が伸べられるでしょう。

【甲午(きのえうま)と帝旺(頂点を極めた時期、会社の社長?)】

帝旺と組み合わさる場合、自分で対処をすることによって上手く進んでいける時期となります。この時期は、他の人に頼みごとをしても期待外れな結果に終わることが多いので、自身で自ら行うよう心掛けて下さい。

【甲午(きのえうま)と衰(一線から退き、定年を迎えた時期)】

衰と組み合わさる場合、集団行動が多くなり人のために割く時間が増える時期となります。そのため、何でも引き受けて許容範囲をオーバーしないよう気を付けて下さい。

【甲午(きのえうま)と病(衰弱し病にを患う時期)】

病と組み合わさる場合、難しい環境で苦労も多い時期となります。冒険しようとして失敗に終わることもありそうです。慎重に進むことが重要となるでしょう。

【甲午(きのえうま)と死(生命の終わりの時期)】

死と組み合わさる場合、ふとしたことがきっかけで思い切った行動を取る時期となります。優しくて控えめなタイプですが、周囲をアッと驚かせる大胆な行動をします。自分の意志を貫くことが大切です。

【甲午(きのえうま)と墓(墓に入った時期)】

墓と組み合わさる場合、自分自身を犠牲にしても何かのために尽くす行動をする時期となります。優しくて思いやりのある人と、周囲からの評価が高くなる傾向が高いです。

【甲午(きのえうま)と絶(魂として肉体を離れた時期で胎を探す時期)】

墓と組み合わさる場合、自分自身を犠牲にしても何かのために尽くす行動をする時期となります。優しくて思いやりのある人と、周囲からの評価が高くなる傾向が高いです。

【男性】甲午(きのえうま)の恋愛観・恋愛運

甲午生まれの男性は、持ち前の純粋な部分や真面目な部分が出た恋愛をするでしょう。そのため、恋愛においては純情な少年のように、好きな人の前ではうまく話せなかったり、アプローチできなかったりします。そんな不器用ながらも真剣な甲午生まれの男性にグッとくる人も多いはずです。

直感で恋愛を決めてしまう傾向がありますが、遊びでは決して付き合うことはしません。交際相手とは結婚も視野に入れて考えるほど真面目です。また、理想の彼氏になるための努力も欠かしません。相手の好みに近づこうとリサーチして一生懸命に考え実行します。

そんな甲午生まれの男性の献身的な行動に影響され、相手の方も理想の彼女になるために努力しようとするかも知れません。しかし、見返りを求めない甲午生まれの男性は、相手の笑顔や喜んだ顔が何よりの喜びなのです。

素直に受け入れて喜んでくれる方の方が居心地の良さを感じ、長く続く関係を築いていけるでしょう。

【女性】甲午(きのえうま)の恋愛観・恋愛運

甲午生まれの女性は、愛されるよりも愛したい、尽くされるよりも尽くしたいタイプで好きになったら自分からアプローチしていきます。恋愛において逞しい面を持っている甲午生まれの女性ですが、実は純愛志向でロマンチスト。

お姫様や少女のような一面を持っており、白馬に乗った王子様ではありませんが運命的な出会いやロマンティックなシチュエーションへの憧れを抱いています。

交際相手にはとことん尽くします。相手の好みに合わせて洋服や持ち物、趣味などもガラリと変える特徴もあります。周囲から見れば、とても分かりやすい人でいじらしい印象を与えています。

しかし、相手を優先するあまり何でも受け入れないよう注意は必要です。一方的に尽くすばかりでは疲れてしまいます。また、何でも言うことを聞いてくれる都合の良い女になってしまう可能性もあります。

時には自分からお願いごとをしてみるのもオススメです。お互いに尽くし合える関係になるための良いきっかけにもなり、さらに仲良くなれるでしょう。

【男性】甲午(きのえうま)の結婚観・結婚運

甲午生まれの男性は、奉仕精神に溢れているため家庭第一で温かい家庭を築いていくことが出来るでしょう。

とても家族思いで家族のために一生懸命に働き、休みの日には家族サービスなど素敵な旦那様になる傾向が強いです。それは、自身の描いている理想の姿や信念からきていると思われます。使命感のようなものが強く働き過ぎると、1つでも上手くいかないことが起こった場合に崩れていってしまう可能性が大きいです。そうなると仕事にも影響が出てきます。集中できなかったり、精神的に不安定になったりとする恐れもあります。また、体調を崩したりなんてこともあり得るのです。

基本的な性格として、奉仕精神が強く優しい性格なので“ありのまま”でも世間から見ると十分すぎるくらい素敵な旦那様なのです。家庭第一でも、家族だけではなく職場や友人など他の人との交流も大切にするようにしましょう。

そんな甲午生まれの男性は、優しくリードしながら引っ張っていきたいタイプの人が多いので、自己主張が控えめで純粋な心を持ったパートナーを選ぶといつまでも仲の良い夫婦でいられるでしょう。

【女性】甲午(きのえうま)の結婚観・結婚運

甲午生まれの女性は、夫婦の絆を大切にするタイプが多く良妻賢母となる傾向が高いでしょう。困難なことが起こったとしてもパートナーを信じ助けようと頑張ります。そのため、お互いの信頼関係は時を重ねるごとに深まっていきます。

結婚運的には、初めの方は何かと苦労が多い傾向が高いですが、明るいことに注目していくと気持ちも晴れやかになり運気も徐々に良くなっていきます。苦しいことは試練だと捉えパートナーと一緒に乗り越えていくことが大切になります。

理想のパートナーはリードしてくれるタイプの人。恋愛では追いかけたい方でしたが結婚相手に求めるのは、しっかりと守ってくれて引っ張って行ってくれる人を理想とします。

しかし、本来甲午生まれの女性のもっている気質から、自分自身をしっかりもっているものの尽くす女性になるでしょう。そうしているうちに自然とパートナーの色に染まっていくでしょう。

お互いを思いやり合える素敵な家庭を築いて行けるでしょう。

甲午(きのえうま)の金運

甲午生まれの人は、財運に恵まれている傾向が高く貯蓄もしっかりできている人が多いです。自身も「安定した生活」を常に望んでいるため、仕事も収入を得るためにしっかり働き得ようと努力します。そして、蓄えることを意識しているため確実に貯蓄額が増えていくのです。

安定を求めてより頑張っているために、仕事においても努力が認められ社会的地位が高くなり収入面でも期待が持てます。

しかし、“安定性”と“貯蓄”を意識しすぎて拘っているため、お金を出すことに対しては抵抗があります。そのため、「ケチ」と思われていることも。

貯蓄を意識して貯めていくことも大事ですが、時には頑張ったご褒美や人の役に立つということを主軸にしてパーッと使うことも大切です。

自身のモチベーションアップにも繋がり、心も満たされるでしょう。気持ちに正直になり明日への活力へと持って行きましょう。

甲午(きのえうま)の適職・天職・職業

甲午生まれの人は、奉仕精神を活かせて人の役に立つ仕事などに就くと良いでしょう。人の心に優しく寄り添ったりする、心理カウンセラーや介護士、栄養士など医療・福祉関係の仕事などおススメです。

また、じっくりゆっくり行うような仕事にも適性があるでしょう。細かいところまで目が行き届くので、気づいたらサポート役を担っていることも多いでしょう。人が集まる場ではリーダーシップも発揮できます。

常に周りの人と協力しながら進んでいくことが出来るので着実に結果を残していけます。例え時間が掛かったとしても諦めたりせず、ゆっくりでも進んでいく選択をしましょう。

観察力にも優れたところがあるので、困っている人がいればすかさずフォローに回ります。他人のミスでも許すことができ、時には自身を犠牲にしてでも上手くいくよう運んでいくので周囲からの信頼は絶大です。

そういった甲午生まれの人の気質を最大限に活かせる環境は“人”です。人が集まる場所や組織などでは、認められることが多く成果へと繋がっていく可能性が大きいです。

仕事とプライベートを切り離して考えることが出来ない性質なので、自分が好きなものや情熱を注げるものを選ぶのも良いでしょう。

何より、自分がやりたいことを追及できる職業を選ぶ方が充実した日々を送れるでしょう。

 [甲午の人の適職]

心理カウンセラー・介護士・栄養士・研究職・専門職・技術職など

甲午(きのえうま)の男性との相性ランキング

甲午生まれの男性と相性が良いランキングは下記のとおりとなっています。

第1位 己未(つちのとひつじ)

第2位 癸未(みずのとひつじ)

第3位 丙寅(ひのえとら)

第4位 丙戌(ひのえいぬ)

第5位 乙未(きのとひつじ)

お互いの長所が上手くカバーし合える関係となり、かけがえのない存在となるでしょう。

反対に甲午生まれの男性と相性が悪いのは、戊子(つちのえね)、庚子(かのえね)、甲子(きのえね)。似た部分は多いですが、あまり相性は良くない傾向にあり衝突してしまいます。

甲午(きのえうま)の女性との相性ランキング

甲午生まれの女性と相性が良いランキングは下記のとおりとなっています。

第1位 壬寅(みずのえとら)

第2位 乙未(きのとひつじ)

第3位 丙戌(ひのえいぬ)

第4位 丙寅(ひのえとら)

第5位 癸未(みずのとひつじ)

誠実な性格の人とは深く信頼関係を築くことができ、尊敬できる存在となるでしょう。

反対に甲午生まれの女性と相性が悪いのは、丙子(ひのえね)、辛丑(かのとうし)、庚子(かのえね)。気質の違いから一緒に居ると疲れてしまったり、理解に苦しんだりする傾向にあります。

甲午(きのえうま)の有名人・芸能人

  • 堀井 雄二:1954年(昭和29年)1月6日(ゲームデザイナー)
  • 松任谷 由実:1954年(昭和29年)1月19日(歌手)
  • 三雲 孝江:1954年(昭和29年)4月12日(キャスター)
  • 高見沢 俊彦:1954年(昭和29年)4月17日(歌手)
  • 清水 アキラ:1954年(昭和29年)6月29日(タレント)
  • 秋吉 久美子:1954年(昭和29年)7月29日(女優)
  • 片岡 鶴太郎:1954年(昭和29年)12月21日(タレント・画家)

まとめ

今回は、甲午生まれの性格の特徴や恋愛、結婚、金運、適職、相性についてご紹介しました。

甲午生まれの人は、純粋で一生懸命で正義感の強い人です。多くの人から好かれる性格ですが、いつもどこか孤独な雰囲気を漂わせています。

そして、この機会に自分を深く掘り下げてみてはいかがでしょうか。今まで気付けなかった部分に気付け、きっと今後の人生がより良いものへと変わっていくはずです。

考えるきっかけのツールとして使って頂き、自分を探求をするひとつの手段として今後の人付き合いに活かせると良いと思います。

最後までご覧いただきありがとうございました。

コメント