【2022年の運勢】丙辰(ひのえたつ) 生まれの性格・特徴

占いと言えば、何占いを思い浮かべますか?

タロットや手相、星座、風水、四柱推命など思い浮かべる人も多いと思います。

ここでは四柱推命により分かる運勢や性格、特徴などをご紹介していきます!

“四柱推命の世界は歴史も古く、最も早く自分の命運を知ることができる近道”であり、過去、現在、未来の命運を推察できます。

《四柱推命(しちゅうすいめい)とは》

陰陽五行説を元にその人の産まれた生年月日時を10個の「干」と12個の「支」に置き換え運命を推察する占術です。基礎情報の鑑定に非常に強く、運勢の良し悪しを的確に判断できる特徴があります。

また、四柱推命(しちゅうすいめい)は陰陽五行説(古代中国の思想や易から発生)を元に生まれた「年」「月」「日」「時」の四つの干支を柱とし、その人の先的な可能性を推し量る占術で、陰陽五行説は、自然界を構成する『木・火・土・金・水』という5つの元素=五行を、さらに陰と陽に分けるという考え方です。陰陽五行説は、占いだけではなく漢方や鍼灸など、東洋系の医療や技術の考え方の基本としても使われているのです。

気になる2022年の運勢や恋愛&結婚、相性についても男女別に詳しく解説しています。

今回は『丙辰』生まれの人について解説していきたいと思いますのでご覧ください。

執筆者

【2022年】丙辰(ひのえたつ)の運勢

丙辰生まれの2022年の運勢は、チャンスを上手く掴み成功する可能性が大きな1年となるでしょう。

仕事に関しては守りの姿勢のまま取り組み、それ以外の部分では攻めの態勢で取り組んでいくようにしましょう。その際に優先順位を付けて、着実に進んでいくと良い運気へと流れていきます。一度に攻めるのではなく、1歩1歩前へと進んでいくようにしましょう。

チャンスにも恵まれる1年ですが、タイミングを見ながら挑戦していくことも大事となります。努力を重ねながら実力を蓄えておき、ここぞというタイミングで挑むようにしましょう。

事前にしっかりと計画を立ててから攻めの態勢に入っていくと、今まで叶わなかった事も成功する傾向が高いです。

健康運においては、大病を患うということはありませんが、小さな身体の不調が起きる傾向にあります。少しぐらい大丈夫と思って無理をしてしまうと、こじらせて治りが遅くなる可能性がありますので注意が必要です。

疲れを感じるようになったり不調を感じた時には休息を取るようにしましょう。気になる場合は、病院に行って診察を受けることをおススメします。

また、食事面では栄養の偏りに気を付けて下さい。バランスの良い食事を心掛けて、ビタミン類を豊富に取り入れるようにしていきましょう。

丙辰(ひのえたつ)の読み方と意味

丙辰の読み方は、ひのえたつ・へいかのたつ・へいしんです。十干(じっかん)と、十二支(じゅうにし)の組み合わせは60通りあり、干支の中で第53番目の組み合わせとなっています。

干支といえば、12種類の動物を思い浮かべる人が多いと思いますが、それは『十二支(じゅうにし)』と呼ばれるものです。本来、干支とは十干(じっかん)と十二支(じゅうにし)の「干」と「支」の2つの意味が合わさってできた言葉で、正しくは「十干十二支(じっかんじゅうにし)」と呼ばれています。

十干とは、「申(きのえ)・乙(きのと)・丙(ひのえ)・丁(ひのと)・戊(つちのえ)・己(つちのと)・庚(かのえ)・辛(かのと)・壬(みずのえ)・癸(みずのと)」のことで、十二支とは、世間一般で広く使われていて干支と呼んでいる「子(ね)→丑(うし)→寅(とら)→卯(うさぎ)→辰(たつ)→巳(み)→午(うま)→未(ひつじ)→申(さる)→酉(とり)→戌(いぬ)→亥(いのしし)」のことです。これらの「十干」と「十二支」を組み合わせた「十干十二支=干支」が60通りあるのです。そして、干支(十干十二支)が一巡し誕生年の干支に還ることを還暦(60歳)と言います。

十干の丙「ひのえ」と十二支の辰「たつ」が組み合わさって成立している干支で、十干の丙は陽の火、十二支の辰は陽の土、この2つが出会うと相生(火生土=物が燃えればあとには灰が残り、灰は土に還る。)の関係となります。

丙辰の前には「乙卯」があり、乙卯、丙辰、丁巳、丁巳の順に移っていきます。一番最近の丙辰は、1976年(昭和51年)に訪れたので、次の丙辰は60年後(干支の周期は60年)の2036年となります。

【男女共通】丙辰(ひのえたつ)の基本的な性格と特徴

丙辰生まれの人は、情にもろくお人好しの人が多いです。温かい人柄で面倒見も良いので多くの人からも好かれます。しかし、人当たりがよく社交的ですが、言葉の発言には注意が必要です。ちょっとした言葉で人を傷付けてしまったり、時にはトラブルへと発展する場合があります。また、少し変わった視点をもっており気分屋なところもあります。

基本的には、優しく明るい性格ですが、強い批判精神の持ち主でもあります。オープンな人柄で目立ちたいという意識が強いですが、世渡りがあまり上手くないため失敗することも多い傾向にあります。

そんな丙辰生まれの人は、天才肌的な気質を持っていますが頭角を現してくるのは遅めな傾向が高いです。そのため、大器晩成型と呼ばれる人が多い特徴を持ちます。

運勢的には強い運気を持っていますので、夢や目的を早めに設定しておくことによって早い時期に達成することも可能となるでしょう。

経験をばねにして実力を付けていくことができますので、積極的に様々な事にチャレンジしていってください。

丙辰(ひのえたつ)男性の性格

丙辰生まれの男性は、自分の事を良く話す傾向があり、開放的で社交性もあるので男女問わずに幅広い年齢層から慕われています。また、独特なセンスとアイデアで人々を魅了していきます。

思いやりの心を持ち人と関わることが大好きですが、少し口が軽い傾向が見られます。そのため、内緒話や噂話には向いていないでしょう。うっかり喋ってしまったり、噂話を大きくして広めてしまったりして良くない方向に進んでしまいます。

そんな丙辰生まれの男性ですが集中力も高く、何かに集中している時は周りが見えなくなるくらい熱中します。それは、仕事においても活かすことの出来る才能であり、職人気質なところが窺えます。

素早く決めて動ける決断力にも優れていますが、考えなしに行動すると失敗してしまう傾向が見られますので、慎重さも養っていきましょう。

丙辰(ひのえたつ)女性の性格

丙辰生まれの女性は、サバサバとした明るい性格でとても活発な人です。また、面倒見も良いので周囲の人たちから頼られ慕われます。少しボーイッシュな雰囲気を持ちますが、内面は女性らしいたお淑やかな面も持っています。

何事に対しても一生懸命に頑張ることができ、集中力も高い傾向にあります。時には、頑張り過ぎてしまうところもあるので、リラックスできる時間を確保するよう心掛けましょう。そうすることによって、メリハリが出てより集中することが出来るでしょう。

そんな丙辰生まれの女性は、仕事においても多彩な能力を発揮していけるので、一目置かれる存在となります。また、少しの事では折れたりしない強い精神も持ち合わせているので大きな成果を得られやすい傾向があります。

そして、勝ち負けの勝負事を好み、戦う相手がいるほど燃え上がる気合たっぷりな性質も兼ね備えています。

基本的には冷静ですが、感情に波が出やすいところがありますのでストレスのため過ぎには気を付けて下さい。

丙辰(ひのえたつ)の年柱・月柱・日柱・時柱の性格・特徴

四柱推命とは、人の生まれた命運を推察する方法で現在では世界中に知られています。人生を大きく4つのサイクルに分けて、1つ目を年柱、2つ目を月柱、3つ目を日柱、4つ目を時柱とし構成されています。

丙辰の性格や特徴にどんな影響を与えているのでしょうか。

丙辰(ひのえたつ)の年柱

年柱は自分のルーツや成育環境、人生の傾向などを表します。年柱と特に密接な年齢域は0~20歳で、大切な人との出会いと別れを繰り返し、成長していく時期でもあり、社交運や年長者との関係、先祖や両親との関係が見えます。

賑やかで明るい家庭で育つ時期となります。大切な事を知り、夢や理想を高く持つようになります。大胆な面が成功へと繋がっていきますが、同時に障害や孤独を引き寄せる可能性もあります。工夫することを心掛けて、成功へと近付いていくようにしましょう。

丙辰(ひのえたつ)の月柱

月柱は社会運や成功運、持って生まれた福分などを表します。月柱と密接な年齢域は20~40歳で、働き盛りで仕事運や家庭運、自分自身の生き方や才能が見えます。

勢い任せとなり失敗が目立つ時期となります。ノリや勢いで問題を乗り越えていくことも多いですが、その分失敗も多いです。また、スタートすると止まらなくなる傾向が見られます。失敗を経験として活かすことが出来るので、あまり深く考えずに学んでいく姿勢を大切にしましょう。

丙辰(ひのえたつ)の日柱

日柱は自分自身や配偶者、私生活、結婚生活などを表します。日柱と密接な年齢域は40~60歳で、中年期に入り、恋愛運や配偶者、自分自身のことについて見えます。

活発に行動する時期となります。考えるより行動する方が早く、周囲からの理解を得にくい傾向が高いです。そのため、孤独感を強く感じるようになります。

丙辰(ひのえたつ)の時柱

時柱は子供運や晩年運、仕事能力などを表します。時柱と密接な年齢域は60歳~死亡するまでで、晩年期を迎え、子供や目下の人との関係、部下との関係が見えます。

チャレンジ精神旺盛な時期となります。晩年を迎えてもチャレンジ精神に溢れています。今まで培ってきた努力と経験が成功へと導いてくれます。大器晩成型の人が多いです。

丙辰(ひのえたつ)と十二運

十二運は、日干からみた十二支の強さを表したものです。胎、養、長生、沐浴、冠帯、建禄、帝旺、衰、病、死、墓、絶の12種類から構成されていて、受胎し新生命が宿り母体によって養われて生まれ、産湯につかり成長しひとり立ち、人生の旺盛期で社会的な地位を得て引退し、衰退していく中で病にかかり死に至る。そして墓に入り霊魂状態となって胎に戻るという人の一生になぞらえて表現されています。本家の中国台湾では生旺墓絶と言われ、中国占術全般で広く使用されています。

【丙辰(ひのえたつ)と胎(母の胎内に宿る時期)】

胎と組み合わさる場合、好奇心が旺盛な時期となります。気持ちが分散しやすく目標を見失いがちになります。そのため、なかなか定まらない傾向が見られます。能力自体は高まっているので、計画的に進めていきましょう。

【丙辰(ひのえたつ)と養(生まれ養育されている時期)】

養と組み合わさる場合、目標が定まっていく時期となります。とても意欲的になり前へ前へと進んでいくでしょう。目的意識を持って取り組むことによって、自然と道が開けてきます。

【丙辰(ひのえたつ)と長生(いちじるしく育つ時期)】

長生と組み合わさる場合、集中して取り組むことができる時期となります。常に努力を積み重ねていける時となりますので成長に期待が持てるでしょう。

【丙辰(ひのえたつ)と沐浴(悪いことも覚える時期)】

沐浴と組み合わさる場合、意欲的に前へと進んでいくことの出来る時期となります。たとえ失敗したとしても諦めずに次へと切り替えることが出来ます。気持ち的にも明るくなり好奇心も強くなる傾向が高いです。

【丙辰(ひのえたつ)と冠帯(成人し社会にでる時期)】

冠帯と組み合わさる場合、立ち止まってしまう可能性が高い時期となります。気を使いすぎて行動を止めてしまう傾向が高いです。もう少し肩の力を抜いて取り組むようにしていくと良いでしょう。

【丙辰(ひのえたつ)と健禄(一家の主として稼ぎまくる時期)】

建禄と組み合わさる場合、注目される時期となります。この時期は、悪い意味で注目が集まってしまう可能性が高いです。人間関係を円滑にしていくために、慎重に接していくよう心掛けて下さい。

【丙辰(ひのえたつ)と帝旺(頂点を極めた時期、会社の社長?)】

帝旺と組み合わさる場合、活発化しますが波の激しさもある時期となります。気力に溢れているため、精力的にも活発になります。周りを見渡す余裕を持ち冷静に取り組んでいくよう注意が必要です。

【丙辰(ひのえたつ)と衰(一線から退き、定年を迎えた時期)】

衰と組み合わさる場合、人望が集まる時期となります。誰に対しても公平で素直な態度で接していきます。そのため、多くの人から慕われ成果にも期待が持てます。

【丙辰(ひのえたつ)と病(衰弱し病にを患う時期)】

病と組み合わさる場合、自身へのこだわりが強くなる時期となります。こだわりが強くなり厳しくなる時でもあります。そのため、自身を深く追及し追い込みます。結果的に才能が開花していく傾向が高いです。

【丙辰(ひのえたつ)と死(生命の終わりの時期)】

死と組み合わさる場合、厳しい環境となる時期でしょう。環境は厳しいですが、ひとつのことに集中することができる時です。そのため、大きな目標を達成することが出来るでしょう。

【丙辰(ひのえたつ)と墓(墓に入った時期)】

墓と組み合わさる場合、人間関係で悪化する可能性が高い時期となります。強欲な部分で、口調が強くなってしまいがちになります。言葉選びに注意してコミュニケーションを取っていきましょう。

【丙辰(ひのえたつ)と絶(魂として肉体を離れた時期で胎を探す時期)】

絶と組み合わさる場合、大きな成果へと繋がっていく時期となります。迷いが生じることも多いですが、慎重に進めていくことによって見えなかった景色も見え始めていき、大きな成果を得られるでしょう。

【男性】丙辰(ひのえたつ)の恋愛観・恋愛運

丙辰生まれの男性は、好きな人が出来れば気持ちを隠すことなくオープンな人が多く、ストレートにアプローチしていきます。どちらかと言うと、追われるよりも追う方が好きなタイプなので、一度振られたからといって諦めたりせずに追い続けます。おっとりしているように見えても、情熱タイプの傾向が高いです。

猛アプローチをしてお付き合いに発展するまでは情熱家ですが、お付き合いがスタートしてからは、割とさっぱりした付き合い方を好みます。自分の時間を大事にする特徴がありますので、いつも一緒でべったりといった関係にはならないようです。

お互いに精神的に自立し自分時間を楽しめるような人を選ぶと安定して長続きすることが出来るでしょう。

そんな丙辰生まれの男性は、他人の目を気にすることのないオープンな気質で、自分の気持ちをとても大切にしていきます。そのため、年の差や国籍の違いも関係なく自身の感情に素直です。

また、好きな人の好みに近付けるように一生懸命に努力もできる一途なところも持ち合わせています。

【女性】丙辰(ひのえたつ)の恋愛観・恋愛運

丙辰生まれの女性は、恋愛に対しても明るくカラッとした人が多い特徴を持ちます。好きになった人に対しては、駆け引きなど全くせずにストレート勝負で挑みます。また、積極的にアプローチしていく逞しさも持ち合わせています。

しかし、モテることが多い丙辰生まれの女性は、猛烈にアプローチされることも多いです。そのため、アプローチされてお付き合いを始めるパターンも多いでしょう。しかし、ガードが甘いところが見られますので優しい言葉には気を付けるようにしてください。騙されないように見極める目を養っていきましょう。

そんな丙辰生まれの女性ですが、恋愛の順位は思っているほど高くはありません。行動力もあり活発な性質なので、仕事や趣味などやりたいことが沢山あります。あれもこれも楽しみたいと思っているので、恋愛だけにのめり込むことは無いでしょう。

誰にも束縛されることなく個人の時間を尊重し合えるような人を選ぶと上手くいく可能性が高いです。

しっかりして面倒見の良い性格ですが、交際相手には頼られるよりも頼りになる人を重視した方が良さそうです。

【男性】丙辰(ひのえたつ)の結婚観・結婚運

丙辰生まれの男性は、積極性があり自分から好きになった人と交際に発展する傾向が高く、婚期も早い人が多いでしょう。しかし、理想を高く持ちすぎている人は妥協することが出来ないため、婚期も遅い傾向にあります。

結婚運は比較的に安定しており、良好な運気となる場合が多いです。

結婚後においては、お付き合いをしている時のように明るく楽しい関係を続けていくことが出来ます。主導権を握りたがりますが、一途で真面目な性格なので家族も安心してついていくでしょう。

お互いの長所を活かし合いながら、ほのぼのとした明るく楽しい家庭を築いていくことが出来るでしょう。

そんな丙辰生まれの男性ですが、結婚後も自分の時間を大切にしたいと思っているので、束縛気味の人をパートナーに選ぶと運気も下がっていく傾向が高いです。短期間で終わりを迎えてしまう可能性も大きいので、結婚を決める時はパートナーとなる人を良く知り見極めてから踏み切るようにしていきましょう。また、外見より中身を重視して選ぶようにしましょう。

【女性】丙辰(ひのえたつ)の結婚観・結婚運

丙辰生まれの女性は、理想が高く婚期を逃しがちなので、ある程度の妥協をするようにしていきましょう。また、富や財でパートナーを選ぶ傾向が高いです。そのため、結婚後は安定する傾向にありますが、出会うまでに時間を要することとなります。

理想の人と結ばれるためには、“内面を磨く”ことや“心を清らかに美しく保つ”ことを意識して自分を高めていく努力をしましょう。知的な場所や神様が宿るような場所に出掛けることによって、良い出会いにも恵まれるでしょう。

結婚後は、お互いの考えや立場を尊重し合える関係を築いていくことが出来ます。主導権を握りたがりますが、パートナーを上手く操ることが出来る丙辰生まれの女性ですから、トラブルになったり言い争ったりすることは少ないでしょう。

それぞれの時間を楽しみたい夫婦となりますが、子供が生まれ家族が増えた時には家族皆で楽しめる趣味や娯楽を1つでも持つようにしていきましょう。

そうすることによって、更に楽しく幸せな家庭を作り上げることが出来ます。家族のきずなも深まり笑顔が絶えない家庭をなるでしょう。

丙辰(ひのえたつ)の金運

丙辰生まれの人は、お金の出入りが激しい1年となるでしょう。入ってくるお金も、出ていくお金も多い年となりますので、しっかり金銭管理をしていくようにしてください。

普段よりも多く収入があると、少し贅沢をしたり買い物をしたりと使うことが多くなるので、自然とお金の流れが活発になります。また、行楽などの娯楽に使う機会も増えていきます。

収入面でも期待が持てる年なので、毎月の貯蓄額以上に貯めることも可能になっていきます。いつも以上にお金が入ってきた時には、その分貯蓄に回すお金も増やしていきましょう。

金銭に余裕があると心も潤い、逆に無駄使いが減っていくようになります。この時期には、良い品をより安く手に入れる情報を集めてお得な買い物が出来るようにしていきましょう。 “金は天下の回りもの”と言いますが、日頃の行いを良くすることによって金運にも期待が持てますので、善行を心掛けて楽しい生活を送っていきましょう。

丙辰(ひのえたつ)の適職・天職・職業

丙辰生まれの人は、社交的であり行動力にも優れていますので、どの分野の職業に就いたとしても成功できる要素を秘めています。丙辰生まれの人は、単にお金を稼ぐだけではなく、自分を表現したり試したりする場所として捉えている人も多いでしょう。

自己表現できるような環境での職業に就いた場合は、やりがいも感じられてモチベーションも上がっていくでしょう。また、才能も発揮しやすく、良い結果を残しやすくなるでしょう。そのため、芸能活動や創作活動などダイレクトに自分を表現する仕事などおススメです。

また、美的感覚も良く優れたセンスの持ち主でもありますから、美容業界やファッション関係にも適性が見られます。華やかで流行を追うような職種を選ぶと気持ち的にも明るくなりやる気も最大限に引き出すことが出来るでしょう。

そんな丙辰生まれの人は、毎日決まった内容で同じ業務をこなすよりも、臨機応変に行動できる職業の方が向いている傾向が高いです。また、自身の納得のいく職業を探すため転々とするパターンも多いでしょう。数多くの職場を経験することによって実力を蓄えていくことができるので、後に大きく開花出来る可能性が大きいです。

[丙辰の人の適職]

タレント・ダンサー・音楽家・作家・アパレル関係・美容師・IT関係・広告業など

丙辰(ひのえたつ)の男性との相性ランキング

丙辰生まれの男性と相性が良いランキングは下記のとおりとなっています。

第1位 乙酉(きのととり)

第2位 丁酉(ひのととり)

第3位 戊子(つちのえね)

第4位 丙子(ひのえね)

第5位 甲子(きのえね)

お互いに惹かれる傾向が高く、ありのままの姿で楽しむことが出来ます。とても気の合った関係となり長く続いていくでしょう。

反対に丙辰生まれの男性と相性が悪いのは、戊戌(つちのえいぬ)・庚戌(かのえいぬ)・壬辰(みずのえたつ)。お互いの欠点となる部分が似ているため、許せないことが多くなっていきます。そのため、気まずくなり離れていってしまう可能性が大きいです。

丙辰(ひのえたつ)の女性との相性ランキング

丙辰生まれの女性と相性が良いランキングは下記のとおりとなっています。

第1位 戊戌(つちのえいぬ)

第2位 丁酉(ひのととり)

第3位 戊子(つちのえね)

第4位 丙子(ひのえね)

第5位 甲子(きのえね)

とても良い組み合わせとなります。心が満たされて幸せを実感することが多くなっていくでしょう。

反対に丙辰生まれの女性と相性が悪いのは、壬辰(みずのえたつ)・庚辰(かのえたつ)・戊辰(つちのえたつ)。少し息苦しさを感じるようになります。次第に不満が大きくなり上手くいかない傾向が見られます。

丙辰(ひのえたつ)の有名人・芸能人

  • 中谷 美紀:1976年(昭和51年)1月12日(女優)
  • オダギリジョー:1976年(昭和51年)2月16日(俳優)
  • 木村 佳乃:1976年(昭和51年)4月10日(女優)
  • 内田 恭子:1976年(昭和51年)6月12日(アナウンサー)
  • 一青 窈:1976年(昭和51年)9月20日(歌手)
  • 山本 耕史:1976年(昭和51年)10月31日(俳優)
  • 本間 朋晃:1976年(昭和51年)11月18日(プロレスラー

まとめ

今回は、丙辰生まれの性格の特徴や恋愛、結婚、金運、適職、相性についてご紹介しました。

丙辰生まれの人は、情熱的で行動力のある性格で、高い理想を持っている傾向が高いです。また、無鉄砲なところがあり世渡りがあまり上手ではないです。敵を作りやすいところがありますので注意してください。

そして、この機会に自分を深く掘り下げてみてはいかがでしょうか。今まで気付けなかった部分に気付け、きっと今後の人生がより良いものへと変わっていくはずです。

考えるきっかけのツールとして使って頂き、自分を探求するひとつの手段として今後の人付き合いに活かせると良いと思います。

最後までご覧いただきありがとうございました。

コメント