【2022年の運勢】己酉(つちのととり)生まれの性格・特徴

占いと言えば、何占いを思い浮かべますか?

タロットや手相、星座、風水、四柱推命など思い浮かべる人も多いと思います。

ここでは四柱推命により分かる運勢や性格、特徴などをご紹介していきます!

“四柱推命の世界は歴史も古く、最も早く自分の命運を知ることができる近道”であり、過去、現在、未来の命運を推察できます。

《四柱推命(しちゅうすいめい)とは》

陰陽五行説を元にその人の産まれた生年月日時を10個の「干」と12個の「支」に置き換え運命を推察する占術です。基礎情報の鑑定に非常に強く、運勢の良し悪しを的確に判断できる特徴があります。

また、四柱推命(しちゅうすいめい)は陰陽五行説(古代中国の思想や易から発生)を元に生まれた「年」「月」「日」「時」の四つの干支を柱とし、その人の先的な可能性を推し量る占術で、陰陽五行説は、自然界を構成する『木・火・土・金・水』という5つの元素=五行を、さらに陰と陽に分けるという考え方です。陰陽五行説は、占いだけではなく漢方や鍼灸など、東洋系の医療や技術の考え方の基本としても使われているのです。

気になる2022年の運勢や恋愛&結婚、相性についても男女別に詳しく解説しています。

今回は『己酉』生まれの人について解説していきたいと思いますのでご覧ください。

執筆者

【2022年】己酉(つちのととり)の運勢

己酉生まれの2022年の運勢は、合理的に物事が進んでいきとても楽しい1年になるでしょう。また、自身の趣味やレジャー事にも縁のある1年となるため、普段よりもっと楽しく遊ぶことが出来ます。

何事においても合理的に進めていける年でもあるので、最短ルートで進んでいくことが可能となります。そのため、効率よく物事を進めていくことができ、無駄のない時間を満喫して過ごしていける傾向が高いです。

しかし、調子に乗り過ぎて羽目を外さないようにして下さい。感情のまま突っ走ってしまうと後で大きく後悔することとなります。いつもの合理的で冷静な姿勢を忘れないよう心掛けて過ごしていきましょう。

健康面においても、合理的に向き合うことが出来る1年となります。自制心が強くなり、しっかりと自己管理が出来るようになります。感染症予防や大きな病気などの予防にも繋がっていきます。

食事の摂取管理や栄養管理、運動不足の解消法なども合理化を目指して取り組んでいくことの出来る年です。そのため、気持ちよく過ごしていくことができ意欲も湧いてくるでしょう。

しかし、精神的に弱まりダメージを受けやすくなっているので注意が必要です。少し神経質になり過ぎて、小さなことでも悩んでしまう傾向が見られますので、上手くコントロール出来るようにしていきましょう。

己酉(つちのととり)の読み方と意味

己酉の読み方は、つちのととり・きどのとり・きゆうです。十干(じっかん)と、十二支(じゅうにし)の組み合わせは60通りあり、干支の中で第46番目の組み合わせとなっています。

干支といえば、12種類の動物を思い浮かべる人が多いと思いますが、それは『十二支(じゅうにし)』と呼ばれるものです。本来、干支とは十干(じっかん)と十二支(じゅうにし)の「干」と「支」の2つの意味が合わさってできた言葉で、正しくは「十干十二支(じっかんじゅうにし)」と呼ばれています。

十干とは、「申(きのえ)・乙(きのと)・丙(ひのえ)・丁(ひのと)・戊(つちのえ)・己(つちのと)・庚(かのえ)・辛(かのと)・壬(みずのえ)・癸(みずのと)」のことで、十二支とは、世間一般で広く使われていて干支と呼んでいる「子(ね)→丑(うし)→寅(とら)→卯(うさぎ)→辰(たつ)→巳(み)→午(うま)→未(ひつじ)→申(さる)→酉(とり)→戌(いぬ)→亥(いのしし)」のことです。これらの「十干」と「十二支」を組み合わせた「十干十二支=干支」が60通りあるのです。そして、干支(十干十二支)が一巡し誕生年の干支に還ることを還暦(60歳)と言います。

十干の己「つちのと」と十二支の酉「とり」が組み合わさって成立している干支で、十干の己は陰の土、十二支の酉は陰の金、この2つが出会うと相生(土生金=鉱物・金属の多くは土の中にあり、土を掘ることによってその金属を得ることができる。)の関係となります。

己酉の前には「戊申」があり、戊申、己酉、庚戌、辛亥の順に移っていきます。一番最近の己酉は、1969年(昭和44年)に訪れたので、次の己酉は60年後(干支の周期は60年)の2029年となります。

【男女共通】己酉(つちのととり)の基本的な性格と特徴

己酉生まれの人は、素直で真面目な性格であり、とても努力家である人が多いです。また、思い付きなどで突発的に行動することなく、合理的であり慎重に動く特徴も見られます。そのため、周囲の人から信頼されやすく、物事をしっかりとやり遂げていけるという大きな信頼感も得ています。

合理的な判断を重んじる理系タイプな人が多い己酉生まれの人ですが、早くから才能を開花させていく可能性も大きくあります。

どんな時でも冷静な判断が出来るので、感情任せに争ったりすることがなく調和を保ちながら物事を進めていくことが出来る人柄なので、どこに行っても重宝される存在です。

また、育ちの良さを感じさせる上品な雰囲気を持っていますが、ユーモアセンスもあり柔軟さも持ち合わせているので多くの人から親しみやすい存在として愛されています。

内に秘めた負けず嫌いな面とこだわりの強さもあって目的を達成しやすいでしょう。しかし、長年の努力を続けた結果に安定した地位に就くことが多いため開花する時期は遅めであり、大器晩成型の傾向が強いです。

己酉(つちのととり)男性の性格

己酉生まれの男性は、上品でお洒落系な人が多く初対面では良い印象を与える傾向が高いです。また、知的な部分がさらに好感度を上げているようです。

ユーモアセンスたっぷりなところもあるので会話も自然と弾み、早い段階からどんな人とでも仲良くなれます。

負けず嫌いな性格のため、競い合う相手がいると力が漲ってきて闘争心に火が付くタイプです。また、正義感がとても強いので、一生懸命努力を重ねて正々堂々と勝負に挑んでいきます。プライドも高いので、負けたくない気持ちがとても強い人です。情報や知識を集めることを得意分野とし行動に移すことが出来るので、成功率も高く勝利を掴みとる機会も多いでしょう。

そんな己酉生まれの男性ですが、あまり人に心を開かないところがあるので孤独になりやすい傾向があります。

己酉(つちのととり)女性の性格

己酉生まれの女性は、明るく裏表のないサバサバした性格なので周囲の姉御的存在となることが多いです。また、ぐいぐいと引っ張っていく力もあるので、リーダー的な要素も持ち合わせています。

どんな時でも愛想が良いので好感度も高めで多くの人からも慕われています。基本的にはテキパキと行動することが出来るのですが、寂しがり屋な面も持ち合わせているので途中から構ってちゃんになってしまう事もあるでしょう。

そんな可愛らしい面も兼ね備えている己酉生まれの女性ですが、努力家で時間や労力を惜しまない逞しいところがあります。また、優れた分析力で物事の深層部まで理解する能力もあるため、多くの場所で活躍できる可能性が高いです。

しかし、時々1人で突っ走ってしまったり、協調性が無くなることもあるので注意が必要です。

己酉(つちのととり)の年柱・月柱・日柱・時柱の性格・特徴

四柱推命とは、人の生まれた命運を推察する方法で現在では世界中に知られています。人生を大きく4つのサイクルに分けて、1つ目を年柱、2つ目を月柱、3つ目を日柱、4つ目を時柱とし構成されています。

己酉の性格や特徴にどんな影響を与えているのでしょうか。

己酉(つちのととり)の年柱

年柱は自分のルーツや成育環境、人生の傾向などを表します。年柱と特に密接な年齢域は0~20歳で、大切な人との出会いと別れを繰り返し、成長していく時期でもあり、社交運や年長者との関係、先祖や両親との関係が見えます。

恵まれた環境で過ごす時期となります。そのため、大らかで寛容な性格が形成されていくでしょう。細かいことを気にしないので人間関係も良好に保って過ごしていくことが出来るでしょう。

己酉(つちのととり)の月柱

月柱は社会運や成功運、持って生まれた福分などを表します。月柱と密接な年齢域は20~40歳で、働き盛りで仕事運や家庭運、自分自身の生き方や才能が見えます。

積極的になる時期となります。好奇心も旺盛になり、何でも挑戦したい時となります。パワーに満ち溢れているので大きな成果へと繋がっていくチャンスにも恵まれる特徴が見られます。

己酉(つちのととり)の日柱

日柱は自分自身や配偶者、私生活、結婚生活などを表します。日柱と密接な年齢域は40~60歳で、中年期に入り、恋愛運や配偶者、自分自身のことについて見えます。

真面目で純粋な面が表立ってくる時期となります。器用で堅実な人格なため、幅広い場所での活躍に期待が持てます。コツコツと努力を積み重ねていくことができ、仕事にも真摯に向き合って取り組むことが出来ます。

己酉(つちのととり)の時柱

時柱は子供運や晩年運、仕事能力などを表します。時柱と密接な年齢域は60歳~死亡するまでで、晩年期を迎え、子供や目下の人との関係、部下との関係が見えます。

穏やかになり豊かな心を持つ時期となります。今までの長い努力が大きな成果となって表れてくるでしょう。様々な所にも影響して良い流れを受けることが出来るでしょう。

己酉(つちのととり)と十二運

十二運は、日干からみた十二支の強さを表したものです。胎、養、長生、沐浴、冠帯、建禄、帝旺、衰、病、死、墓、絶の12種類から構成されていて、受胎し新生命が宿り母体によって養われて生まれ、産湯につかり成長しひとり立ち、人生の旺盛期で社会的な地位を得て引退し、衰退していく中で病にかかり死に至る。そして墓に入り霊魂状態となって胎に戻るという人の一生になぞらえて表現されています。本家の中国台湾では生旺墓絶と言われ、中国占術全般で広く使用されています。

【己酉(つちのととり)と胎(母の胎内に宿る時期)】

胎と組み合わさる場合、厳しい環境で育つ時期となります。厳しい状況ではありますが、上手く工夫することによって危機を乗り越えることが出来るでしょう。努力を重ねることによって新しい世界を切り開く事ができます。

【己酉(つちのととり)と養(生まれ養育されている時期)】

養と組み合わさる場合、自尊心が強くなる時期となります。自分に対するプライドが高くなり意欲溢れる時となります。学意欲も強くなるので真面目にコツコツと頑張って励むようになります。

【己酉(つちのととり)と長生(いちじるしく育つ時期)】

長生と組み合わさる場合、地道な努力を重ねていく時期となります。目標に向かって努力を惜しむことなく続けていきます。とても勉強家で努力家な部分が強くなり、大成を成し遂げていくことも夢じゃなくなっていきます。

【己酉(つちのととり)と沐浴(悪いことも覚える時期)】

沐浴と組み合わさる場合、精神的圧力が強くなる時期となります。周囲や特に目上の人からの期待が大きくなりプレッシャーを感じやすくなっています。自分に素直になって自身のペースで進んでいくと上手くいく傾向が高いです。人との繋がりを大切にすると良い方向に進んでいくでしょう。

【己酉(つちのととり)と冠帯(成人し社会にでる時期)】

冠帯と組み合わさる場合、とても活動力が豊かな時期となります。活気に満ち溢れて行動範囲も広がっていくでしょう。この機会に様々な経験をすることによって大きく成長していけます。

【己酉(つちのととり)と健禄(一家の主として稼ぎまくる時期)】

建禄と組み合わさる場合、目標に向かって真っ直ぐに進んでいく時期となります。これまでの経験を生かしながら、さらに大きな目標に向かって前進していきます。立ち止まらずに努力を重ねていくことが重要になっていきます。

【己酉(つちのととり)と帝旺(頂点を極めた時期、会社の社長?)】

帝旺と組み合わさる場合、充実した日々が送れる時期となります。毎日が順調に進み良い運気を感じられることが出来ます。しかし、好調期な時ほど大切な何かを見落としてしまう可能性が高いので初心を忘れないようにしましょう。

【己酉(つちのととり)と衰(一線から退き、定年を迎えた時期)】

衰と組み合わさる場合、目標へと近付いていける時期となります。十分すぎるほどスキルを蓄えることができ満足できる結果を得られそうです。しかし、慎重になり過ぎてタイミングを誤らないよう気を付けましょう。

【己酉(つちのととり)と病(衰弱し病にを患う時期)】

病と組み合わさる場合、慎重さが重要な時期となります。安定した生活の中にもトラブルが隠れている事があります。早めに回避できるように慎重に生活していくよう心掛けましょう。

【己酉(つちのととり)と死(生命の終わりの時期)】

死と組み合わさる場合、大きなトラブルに遭遇してしまう時期となるでしょう。見た目は厳しい環境ですが、冷静になり周りをしっかりと見渡すことが出来れば打開策に気付くことが出来るでしょう。よく見ることによって多くのチャンスが埋もれていることに気が付くはずです。

【己酉(つちのととり)と墓(墓に入った時期)】

墓と組み合わさる場合、拘りが強くなってくる時期となります。色々な物に拘ったりすることが多くなり収集していく傾向が見られます。趣味で何かを集め出したり、資格習得にも興味を持つようになるかも知れません。

【己酉(つちのととり)と絶(魂として肉体を離れた時期で胎を探す時期)】

絶と組み合わさる場合、気持ちが散乱しやすい時期となります。あれやこれやと様々なことに興味津々となりますが、どれも中途半端で終わってしまうでしょう。一つの事になかなか集中できず、気が散ってしまいがちです。金銭の掛かる物事に関しては損をすることも考えられるので気を付けるようにしましょう。

【男性】己酉(つちのととり)の恋愛観・恋愛運

己酉生まれの男性は、プライドが高いところがありますが、好かれる人柄で誠実なところが多くの人を惹きつけます。しかし、あまり心を開かないところがありますので“考えていることが分からない”“気難しい人”と思われることもありそうです。

行動力もある己酉生まれの男性は、出会うチャンスも多いので恋愛に発展する機会にも比較的に恵まれていると言えるでしょう。

ユーモアセンスもバッチリなので飽きさせることもないはずです。もっとオープンに自身の心の内を見せていくことによってぐんと距離は縮まっていきます。

誠実で慎重なところがありますので、しっかりと相手の内面を知ってから好きと言う感情が芽生えてくる傾向が高いです。そのため、長く良い関係が続いていく傾向が高いです。

また、自身の事をしっかりと理解してくれる人を選ぶと心地の良い関係性が保っていけるでしょう。

【女性】己酉(つちのととり)の恋愛観・恋愛運

己酉生まれの女性は、純粋で素直な心を持っており“性格が良い人”と人気も高いです。また、サバサバしているので誰とでも仲良くすることができ交友関係も広めです。

しかし、周囲からは好かれ異性からも人気が高い己酉生まれの女性ですが、恋愛となると自身に自信が持てません。

そのため、恋愛の経験値は低めですが、もっと自分に自信を持って好きな人が出来た時に飛び込んでみると予想以上に上手くいく可能性が高いです。自分で自分のレベルを下げているだけで世間からは高い評価を受けているのです。

好きな人ができ、お付き合いへと発展することが出来た場合は、思い切って自分の弱みも見せていくようにしましょう。相手に本音を見せることによって気持ちも楽になれ、より親しく接することが出来るでしょう。

そのまま、良好な関係が保っていけるようにするには本心をさらけ出して弱い部分も見せていくいことも大切です。そして、時には自身の叶えたいことなども打ち明けていきましょう。何気ない会話の中でも良いので、“○○やってみたいな~”“○○行ってみたいな~”的な感じで構わないので軽く伝えていくようにしてみましょう。

【男性】己酉(つちのととり)の結婚観・結婚運

己酉生まれの男性は、結婚運は比較的に安定している傾向にあります。とても堅実なところがありますが、パートナーとなる人にも自身に似た堅実な人を選ぶ傾向が高いです。

そのため、気配り上手な落ち着いた人がパートナーとなる傾向が高く、穏やかで安定した運気が流れている家庭となりそうです。

結婚後も、家族のために仕事に打ち込みしっかり稼いでくるでしょう。また、休日には家族と一緒に過ごし、気配りも忘れません。家族みんなが笑顔でいられるようにと一生懸命予定をたてたりするでしょう。

また、あまり相手の欠点なども指摘せずに大らかな気持ちを持って過ごしていくことが出来るので、争い事に発展しにくく円満に楽しく過ごしていけます。

堅実な人柄の己酉生まれの男性は、結婚後も家族を優先して考えているので浮気や目移りなどの心配もないでしょう。

【女性】己酉(つちのととり)の結婚観・結婚運

己酉生まれの女性は、結婚運は上がったり下がったりする傾向にあります。パートナーを外見や直感で選んだ場合は、思っていた人と違ったことも多くあり、時には浮気や不倫に悩まされることもあります。

結婚を決める時に、価値観や好み、理想など深堀して一生一緒にやっていくことが出来るかどうか見極めてから結婚に踏み切るようにしましょう。

結婚後は、パートナーに尽くすとても良い奥さんとなり“良妻賢母”になる可能性が高いです。しかし、パートナーに尽くし過ぎるところがあり、細かい部分まで気になって仕方なくなることが増えていきます。

穏やかに平穏な結婚生活を望んでいるのであれば、パートナーを信じて細かいことなど気にしない大らかさも必要です。

そして、パートナーを受け止める強さも持つよう心掛けていきましょう。

己酉(つちのととり)の金運

己酉生まれの人は、先を見据えて将来のマネーライフを見直すと良い1年となるでしょう。その上で、貯蓄は欠かせない課題となっていきます。

この時期にしっかりと見直し計画を立てることによって将来への不安も取り除かれ、モチベーションアップへと繋がっていくでしょう。

この1年は今まで以上に節約に対する意志が高まっている状態なので、貯蓄にも期待が持てるでしょう。しかし、出さないといけない場面では、嫌な顔を見せずに気前よく出すようにしていきましょう。節約の意識が高まっているので、お金を使う機会も減り、少々の交際費などは気にならなくなってくるでしょう。

日々の努力の成果である月々の余ったお金をしっかり貯蓄に回すことによって、年の終わりには思った以上の貯蓄が出来ているでしょう。

バランスをしっかりと取りながら、この先のマネーライフもしっかりと組み立てていきましょう。ここから貯まっていくお金は、将来に生かすことの出来る“生きたお金”という意識を強く持ち大切に蓄えていきましょう。

己酉(つちのととり)の適職・天職・職業

己酉生まれの人は、コツコツとやり抜く力があり、とても努力家です。また、合理的で気配り上手なところがあるのでどんな場所でも重宝がられる存在となるでしょう。

とても誠実で相手によって態度を変えることがなく、上司や目上の人に対しての礼儀もきちんとしています。面倒見も良いので年下の人にも親切丁寧に教えることが出来ます。決して、前面に出て周囲を引っ張っていく性質ではありませんが、誰かをサポートする力が十分に備わっており頼りになる存在です。

仕事能力も高いので周囲からは一目置かれる存在となります。

そんな己酉生まれの人は、高い分析力を必要とする職業やお金を管理する職業など、数字を扱う仕事に就くと良い成果を上げていくことが出来るでしょう。

先見性と深い思索力を伸ばしていけるように努力すると、もっと高い地位へと上がっていくことができ、開運にも期待が持てます。

合理的で効率よく仕事を進めていくことのできる己酉生まれの人ですが、スピード重視した職業には向いていない傾向が高いので、コツコツと進んでいくことができる職業をおススメします。

 [己酉の人の適職]

科学者・経理・財務部門・不動産業・建築家など

己酉(つちのととり)の男性との相性ランキング

己酉生まれの男性と相性が良いランキングは下記のとおりとなっています。

第1位 丁巳(ひのとみ)

第2位 辛巳(かのとみ)

第3位 庚辰(かのえたつ) 

第4位 丁丑(ひのとうし)

第5位 甲辰(きのえたつ)

お互いに自然体で付き合うことが出来るので、隠し事のない素敵な関係が築いていけるでしょう。

反対に己酉生まれの男性と相性が悪いのは、乙酉(きのととり)・癸卯(みずのとう)・乙卯(きのとう)。価値観が合わずに何かとぶつかり合ってしまう傾向が高いため、相性はあまり良くないと言えます。

己酉(つちのととり)の女性との相性ランキング

己酉生まれの女性と相性が良いランキングは下記のとおりとなっています。

第1位 癸巳(みずのとみ)

第2位 丁巳(ひのとみ)

第3位 辛巳(かのとみ)

第4位 己卯(つちのとう)

第5位 甲辰(きのえたつ)

お互いに安心して落ち着いて過ごしていける存在となります。1つ1つ丁寧に向き合って考えていくことが出来るのでぶつかり合うことも少なく、仲の良い関係を築いていくことが出来ます。

反対に己酉生まれの女性と相性が悪いのは、乙卯(きのとう)・丁酉(ひのととり)・辛卯(かのとう)。気質の違いから無理して合わせようとするため、次第に気疲れを感じてギクシャクしていきます。そのため、あまり相性は良くない傾向にあります。

己酉(つちのととり)の有名人・芸能人

  • ミハエル・シューマッハ:1969年(昭和44年)1月3日(レーシングドライバー)
  • HYDE:1969年(昭和44年)1月29日(L’Arc-en-Cielのボーカル)
  • 福山 雅治:1969年(昭和44年)2月6日(歌手・俳優)
  • 武 豊:1969年(昭和44年)3月15日(騎手)
  • 森高 千里:1969年(昭和44年)4月11日(歌手)
  • 桜庭 和志:1969年(昭和44年)7月14日(プロレスラー)
  • 石田 ゆり子:1969年(昭和44年)10月3日(女優)

まとめ

今回は、己酉生まれの性格の特徴や恋愛、結婚、金運、適職、相性についてご紹介しました。

己酉生まれの人は、裏表がなく素直で正直な性格をしている人が多く、自分の意見や気持ちをしっかり持っています。時には、真っ直ぐし過ぎている部分で周囲とトラブルを起こしてしまう事があるので気を付けましょう。

そして、この機会に自分を深く掘り下げてみてはいかがでしょうか。今まで気付けなかった部分に気付け、きっと今後の人生がより良いものへと変わっていくはずです。

考えるきっかけのツールとして使って頂き、自分を探求するひとつの手段として今後の人付き合いに活かせると良いと思います。

最後までご覧いただきありがとうございました。

コメント