【2022年の運勢】庚戌(かのえいぬ)生まれの性格・特徴

占いと言えば、何占いを思い浮かべますか?

タロットや手相、星座、風水、四柱推命など思い浮かべる人も多いと思います。

ここでは四柱推命により分かる運勢や性格、特徴などをご紹介していきます!

“四柱推命の世界は歴史も古く、最も早く自分の命運を知ることができる近道”であり、過去、現在、未来の命運を推察できます。

《四柱推命(しちゅうすいめい)とは》

陰陽五行説を元にその人の産まれた生年月日時を10個の「干」と12個の「支」に置き換え運命を推察する占術です。基礎情報の鑑定に非常に強く、運勢の良し悪しを的確に判断できる特徴があります。

また、四柱推命(しちゅうすいめい)は陰陽五行説(古代中国の思想や易から発生)を元に生まれた「年」「月」「日」「時」の四つの干支を柱とし、その人の先的な可能性を推し量る占術で、陰陽五行説は、自然界を構成する『木・火・土・金・水』という5つの元素=五行を、さらに陰と陽に分けるという考え方です。陰陽五行説は、占いだけではなく漢方や鍼灸など、東洋系の医療や技術の考え方の基本としても使われているのです。

気になる2022年の運勢や恋愛&結婚、相性についても男女別に詳しく解説しています。

今回は『庚戌』生まれの人について解説していきたいと思いますのでご覧ください。

執筆者

【2022年】庚戌(かのえいぬ))の運勢

庚戌生まれの2022年の運勢は、周囲との調和が上手く取ることが出来るため、和やかな雰囲気の中で過ごしていくことが多い1年となるでしょう。また、考えるよりも先に行動に移す方が良い結果へと繋がっていくでしょう。迷う事も必ずあると思いますが、この1年は心に留めておくだけにして進んでいきましょう。

結果的には、日々笑いの絶えない明るい充実した生活を得られるでしょう。コミュニケーションが豊かになり気持ち的にも軽くなっていきます。庚戌生まれの人が幸せそうな笑顔を周囲に振りまく事によって、相乗効果が作用し周りの人へ良い影響を与えることになっていくでしょう。

この1年は笑顔を忘れずに過ごしていくことを心掛けて下さい。

そして、毎日が笑顔でいられることによって健康面でも良い効果が表れていきます。ストレスを感じることが少なくなり、精神的に穏やかになるでしょう。

ストレスからくる体の不調もなくなり、体調も優れている日が多くなります。しかし、体調が良いからといって食べ過ぎたりしないように気を付けましょう。食事面では、野菜を中心に食物繊維を多く含む食材を意識して摂取していきましょう。便通もよくなり肌の調子も良くなっていきます。

また、頑張り過ぎて疲れを感じた時は直ぐに休むよう配慮していきましょう。睡眠をしっかり摂ることも忘れないようにして下さい。

庚戌(かのえいぬ)の読み方と意味

庚戌の読み方は、かのえいぬ、こうきんのいぬ、こうじゅつです。十干(じっかん)と、十二支(じゅうにし)の組み合わせは60通りあり、干支の中で第47番目の組み合わせとなっています。

干支といえば、12種類の動物を思い浮かべる人が多いと思いますが、それは『十二支(じゅうにし)』と呼ばれるものです。本来、干支とは十干(じっかん)と十二支(じゅうにし)の「干」と「支」の2つの意味が合わさってできた言葉で、正しくは「十干十二支(じっかんじゅうにし)」と呼ばれています。

十干とは、「申(きのえ)・乙(きのと)・丙(ひのえ)・丁(ひのと)・戊(つちのえ)・己(つちのと)・庚(かのえ)・辛(かのと)・壬(みずのえ)・癸(みずのと)」のことで、十二支とは、世間一般で広く使われていて干支と呼んでいる「子(ね)→丑(うし)→寅(とら)→卯(うさぎ)→辰(たつ)→巳(み)→午(うま)→未(ひつじ)→申(さる)→酉(とり)→戌(いぬ)→亥(いのしし)」のことです。これらの「十干」と「十二支」を組み合わせた「十干十二支=干支」が60通りあるのです。そして、干支(十干十二支)が一巡し誕生年の干支に還ることを還暦(60歳)と言います。

十干の庚「かのえ」と十二支の戌「いぬ」が組み合わさって成立している干支で、十干の庚は陽の金、十二支の戌は陽の土、この2つが出会うと相生(土生金=鉱物・金属の多くは土の中にあり、土を掘ることによってその金属を得ることができる。)の関係となります。

庚戌の前には「己酉」があり、己酉、庚戌、辛亥、壬子の順に移っていきます。一番最近の庚戌は、1970年(昭和45年)に訪れたので、次の庚戌は60年後(干支の周期は60年)の2030年となります。

【男女共通】庚戌(かのえいぬ)の基本的な性格と特徴

庚戌生まれの人は、しっかりとブレない信念を持ち、自分の価値観を貫き通そうとする強い意志の持ち主です。時には、貫こうとするために大胆な行動や頑固で強引なところもあります。もう少し柔軟な考え方を持つと、人間関係でトラブルへと発展することなく自身への成長にも繋がっていきます。

好き嫌いが激しく、一度苦手と思った人や物に対しては徹底的に嫌ってしまう傾向も見られます。

そんな庚戌生まれの人ですが、とても慎重派な面も持ち合わせています。思い付きで急に行動するのではなく、下調べを念入りにし良く観察してから行動に移す人が多いのも特徴の1つです。

行動では慎重派な庚戌生まれの人ですが、発言に関しては真逆です。何でも思ったことを素直に直ぐに口にしてしまうところがあります。そのため、“キツイ人”と思われることもしばしば。好意的に受けとめてくれる人もいますが、傷付いている人もいるので、人によっては苦手意識が働き敬遠されることもあるでしょう。

しかし、年齢と共に学んで改善されていきますので、多くの人からの信頼も集まっていきます。

庚戌(かのえいぬ)男性の性格

庚戌生まれの男性は、純粋で真面目な性格で誠実な人が多いです。また、とてもこだわりが強く、好きなものに対しては、没頭したり極めようという意識を高く持ちます。また、好きな事に取り組んでいる時は、失敗しても折れることなく粘り強く立ち向かっていける強い精神の持ち主でもあります。

引っ込み思案であまり器用な方ではありませんが、強運体質の持ち主なので類まれなる才能を発揮し成功する可能性が高いです。しかし、ちょっと慎重過ぎるところがあるのでチャンスを逃しやすい傾向が見られます。自分に自信を持ち思い切って、少し勢いを付けたりしてみると良いでしょう。

そんな庚戌生まれの男性ですが、土壇場に強く大胆な面もあるので自分で道を切り開いていくことも可能です。

しかし、頑固で融通が利かないところがありますので、人の意見に耳を傾けることも重要です。柔軟な考え方を持つことによって自身の成長にも大きく繋がり、より発展していくことが出来るでしょう。

庚戌(かのえいぬ)女性の性格

庚戌生まれの女性は、ポジティブで明るい性格で周囲を楽しませることができる人柄です。また、とても前向きな性格なので、どんな状況であっても前に前にと進んでいこうと努力出来るポジティブ志向が強い特徴が見られます。

一見大人しそうに見えますが、芯が強く決断力もあり用意周到なところも持っています。普段は調和を大切にしていますが、負けず嫌いなところや意見の違いから対立してしまうことも多くあります。そのため、単独行動をしていることも多いです。

そんな庚戌生まれの女性は、人の嫌がることも自ら率先して行うこともでき、弱者を守ろうとする人情に溢れている面も持ち合わせています。また、責任感も強く約束事もきちんと守ることが出来る人なので信頼できる人柄です。そういった面が魅力となり、周りの人が自然と引き込まれていったりします。

庚戌(かのえいぬ)の年柱・月柱・日柱・時柱の性格・特徴

四柱推命とは、人の生まれた命運を推察する方法で現在では世界中に知られています。人生を大きく4つのサイクルに分けて、1つ目を年柱、2つ目を月柱、3つ目を日柱、4つ目を時柱とし構成されています。

庚戌の性格や特徴にどんな影響を与えているのでしょうか。

庚戌(かのえいぬ)の年柱

年柱は自分のルーツや成育環境、人生の傾向などを表します。年柱と特に密接な年齢域は0~20歳で、大切な人との出会いと別れを繰り返し、成長していく時期でもあり、社交運や年長者との関係、先祖や両親との関係が見えます。

ひたすらに努力を重ねていく時期となります。たくさんの経験を積むことによって学ぶことも多く、粘り強く努力を重ねていきます。落ち着いた環境で取り組むことが出来るので、穏やかに過ごしていくことが出来るでしょう。

庚戌(かのえいぬ)の月柱

月柱は社会運や成功運、持って生まれた福分などを表します。月柱と密接な年齢域は20~40歳で、働き盛りで仕事運や家庭運、自分自身の生き方や才能が見えます。

人気が急上昇する時期となります。何かと人が多く集まる場に行く機会が増え、異性問わずにモテる時となりそうです。流れに逆らわずに自然体で過ごすことによって運気も上昇していく傾向にあります。

庚戌(かのえいぬ)の日柱

日柱は自分自身や配偶者、私生活、結婚生活などを表します。日柱と密接な年齢域は40~60歳で、中年期に入り、恋愛運や配偶者、自分自身のことについて見えます。

自身の進むべき道が明確になりしっかり歩んでいける時期となります。マイペースな性質が上手く作用し、物事に集中できるようになります。また、チャンスが訪れる機会も多いので積極的にチャレンジしていくようにしましょう。

庚戌(かのえいぬ)の時柱

時柱は子供運や晩年運、仕事能力などを表します。時柱と密接な年齢域は60歳~死亡するまでで、晩年期を迎え、子供や目下の人との関係、部下との関係が見えます。

敏感に物事を感じる時期となります。波風が起こりやすい時ですが、諦めずに粘り強く挑んでいきましょう。また、精神的に敏感になりやすい傾向がありますのでメンタルを強く持ち、時にはリフレッシュするようにしてください。

庚戌(かのえいぬ)と十二運

十二運は、日干からみた十二支の強さを表したものです。胎、養、長生、沐浴、冠帯、建禄、帝旺、衰、病、死、墓、絶の12種類から構成されていて、受胎し新生命が宿り母体によって養われて生まれ、産湯につかり成長しひとり立ち、人生の旺盛期で社会的な地位を得て引退し、衰退していく中で病にかかり死に至る。そして墓に入り霊魂状態となって胎に戻るという人の一生になぞらえて表現されています。本家の中国台湾では生旺墓絶と言われ、中国占術全般で広く使用されています。

【庚戌(かのえいぬ)と胎(母の胎内に宿る時期)】

胎と組み合わさる場合、好奇心が旺盛となり活発になる時期となります。そのため、行動範囲も広がり、人脈も多くなります。出会いのチャンスも多くなりますが、悪い縁も入ってくるため注意が必要です。

【庚戌(かのえいぬ)と養(生まれ養育されている時期)】

養と組み合わさる場合、好き嫌いが激しい時期となります。自我が芽生えてきて、人に対しての好き嫌いがはっきりしてきます。言葉の発言に気を付けないとトラブルを招いてしまうことになるので、言葉選びには慎重にしましょう。

【庚戌(かのえいぬ)と長生(いちじるしく育つ時期)】

長生と組み合わさる場合、頑固な面が強くなる時期となります。一見、物静かな雰囲気なのですが、自分の意見を曲げない頑固さが目立ってきます。

【庚戌(かのえいぬ)と沐浴(悪いことも覚える時期)】

沐浴と組み合わさる場合、怖い者知らずになり真っ直ぐに進んでいく時期となります。好奇心とチャレンジ精神が盛んになり、何でも飛び込んでしまう傾向が見られます。焦らずにコツコツと取り組んでいくと良い方向へと流れていきます。

【庚戌(かのえいぬ)と冠帯(成人し社会にでる時期)】

冠帯と組み合わさる場合、周囲との距離を感じる時期となります。強いこだわりがあるために、周囲からの理解を得ることが難しくなりそうです。もう少し柔軟な態度を取ると、周囲からの見方も変わっていきます。

【庚戌(かのえいぬ)と健禄(一家の主として稼ぎまくる時期)】

建禄と組み合わさる場合、独特な個性が開花してくる時期となります。勉強熱心で知識も豊富にあります。それらを活かせながら個性豊かな創意工夫をしていける時となるでしょう。

【庚戌(かのえいぬ)と帝旺(頂点を極めた時期、会社の社長?)】

帝旺と組み合わさる場合、物事が裏目に出やすい時期となります。プライドや自尊心が高いため、強引で傲慢だと思われることが多くなってくるでしょう。焦ると良くない方向に流れてしまうので、冷静に周囲を見渡すことも必要になってきます。

【庚戌(かのえいぬ)と衰(一線から退き、定年を迎えた時期)】

衰と組み合わさる場合、信頼を取り戻してくる時期となります。年齢を重ねるごとに謙虚な人柄になり、信頼されやすくなっていきます。運気も少しずつ上がっていく傾向が見られます。

【庚戌(かのえいぬ)と病(衰弱し病にを患う時期)】

病と組み合わさる場合、努力が報われていく時期となります。環境にとても恵まれており、今までの努力が成果へと結びついていく可能性が大きいです。しかし、体力的に衰えが目立ってくる時なので体調管理には十分に気を付けて下さい。

【庚戌(かのえいぬ)と死(生命の終わりの時期)】

死と組み合わさる場合、思うように行かない時期となります。なかなか能力を発揮しにくい時となります。持ち前の優れた発想力を活かすと良い方向に向かっていくでしょう。

【庚戌(かのえいぬ)と墓(墓に入った時期)】

墓と組み合わさる場合、トラブルが多くなる時期となります。内に秘めた激しい感情がぶつかり合ってしまうでしょう。心を落ち着かせることが重要になっていきます。

【庚戌(かのえいぬ)と絶(魂として肉体を離れた時期で胎を探す時期)】

絶と組み合わさる場合、気持ちのモヤモヤが大きくなる時期となります。自身の思うように行かず苦しくなる時となります。外の空気をたくさん吸って気分転換をしていきましょう。

【男性】庚戌(かのえいぬ)の恋愛観・恋愛運

庚戌生まれの男性は、恋愛においてはとても消極的な傾向が高く、口数も少ないのでなかなか前へと進展しにくいようです。しかし、思いは深くこだわりのある性質なので、どっぷり一途な恋愛をするでしょう。

お付き合いに発展するまでは長い時間が掛かってしまいそうですが、お付き合いが始まると相手の好みや趣味、また苦手なものまで知り尽くし変わらない愛情で相手を魅了していきます。

相手に求める理想は、自分と同じような誠実な人柄で考え方などが似ている人。恋愛における相手選びが慎重なので、付き合ってからのギャップに悩まされることも少ないでしょう。

そんな庚戌生まれの男性ですが、少し束縛したがる特徴が見られるので注意が必要です。重く感じて離れていってしまうケースもあるので、相手の事をもっと良く信じてあげ適度な距離感で付き合っていけるようにしましょう。

大らかな気持ちを持って接することによって、自身の魅力を最大限に引き出していけるでしょう。

【女性】庚戌(かのえいぬ)の恋愛観・恋愛運

庚戌生まれの女性は、マイペースな性格なところがあるので、恋愛においても自身のペースを崩すことなく自分の世界観を大切にしていきます。行動派なところもあるので出会いの場も多い傾向にあります。

また、タフで底知れぬガッツさも持ち合わせていますので、好きな人が出来た場合は振り向いてくれるまで猛アタックを仕掛けていきます。根回しも上手にできるので、周囲からの協力もあり成功率は高めです。

お付き合いに発展してからも性質は変わることなく、真っ直ぐな思いで伝えていきます。何でも言葉で表現できるので、相手にも伝わりやすく気を遣わずに良い関係を築いていけるでしょう。

そんな庚戌生まれの女性は、精神的にも肉体的にも強い人に惹かれる傾向があり、自分よりも強い人を理想とします。

マイペースな性格なので、少しぐらい放っておかれても平気で、自分時間を存分に楽しむことが出来ます。常に一緒に居る関係ではないので、お互いに新鮮さを感じることができ、さらに深い愛情で結ばれていくでしょう。

【男性】庚戌(かのえいぬ)の結婚観・結婚運

庚戌生まれの男性は、恋愛相手と同様に真面目で誠実な人を結婚相手に選ぶことが多くいです。しかし、結婚運に関しては、あまり良くない運気が見られます。

庚戌生まれの男性の性質の1つとして、思ったことをそのまま口にする特徴が見られます。そのため、何気なく発言した言葉によってパートナーを深く気付付けてしまう可能性があります。言い方やタイミングなど、何でも思った時にそのまま言うのではなく、一度頭の中で良く考えてから、オブラートに包んだ発言をするよう心掛けましょう。

そうすることによって穏やかな結婚生活が送っていけます。そして、仕事と家庭の比率が偏らない様にしていくことによって、良い運気へと流れていきます。

仕事にも精一杯に励むことが出来るので、生活も安定した毎日を過ごしていくことが出来ます。パートナーや家族に対して思いやりの気持ちを持ち続け、明るく楽しい家庭を築いていきましょう。

【女性】庚戌(かのえいぬ)の結婚観・結婚運

庚戌生まれの女性は、自分の気持ちに素直で正直なところがあるので、大失恋をしたとしても幸せな結婚をすることが出来るでしょう。また、決断力もあるので良い時期にゴールインできそうです。

基本的に精神的にも強い庚戌生まれの女性ですから、パートナーも逞しくて強い人を選ぶと相性も良く楽しい家庭を作っていくことが出来るでしょう。しかし、亭主関白のような強さを持った人とはぶつかり合うことが多く不満が絶えないでしょう。

結婚後は、仕事と家庭を両立している傾向が高く、外ではバリバリと稼ぎ、家では家事育児に励む人が多い特徴が見られます。

自分の時間も大切にしたいと思っている庚戌生まれの女性は、家庭内だけに留まらずに外の空気を吸った方が活き活きとして輝き、自分らしさを発揮できます。

結婚を決める前に、家事育児に積極的に協力してもらえるよう話し合っておくと後々のトラブルも防げて気持ちよく過ごしていけるでしょう。

庚戌(かのえいぬ)の金運

庚戌生まれの人は、比較的に支出よりも収入の方が多い1年となる傾向が高いです。宝くじなどの一攫千金などは期待できませんが、少額でも臨時収入や親しい知人からの援助などによって金銭的に助かる出来事が見込めます。

しかし、少し余裕が出来たからといって使ってしまっては何もプラスにはなりません。この1年は浪費を防ぐように心掛けて、財布の口を緩めないようにしてください。

浮いたお金は別の財布や通帳に入れておくなどして、しっかり管理していきましょう。毎月の給料も手元に置いておくと使ってしまう人は、自動的に給料から天引きされる会社の財形貯蓄などや、自動引き落としなどの積み立て貯金などがオススメです。

また、個人年金や終身保険などで将来への貯蓄に回すことも良いでしょう。この機会にお金の管理の仕方を見直していくと後々の生活が豊かで安定していく傾向が大きいです。

庚戌(かのえいぬ)の適職・天職・職業

庚戌生まれの人は、自分をしっかり持っており、頭の回転も良く根気強い粘り強さも持ち合わせています。組織の大きな会社でも十分に溶け込むこともでき、器用な性質なことから存在感も大きいです。

しかし、共に作業を進めていく人物によって、成功へと繋がっていく道も大きく変わっていく可能性が高い特徴もあります。発想力など素晴らしい個性をたくさん持っている庚戌生まれの人ですが、思いを表現していくことが苦手なため、なかなか伝えることが出来ません。そこを上手く引出し、表現してくれる人と一緒に仕事をしていくと大きな成果へと繋がっていく可能性は非常に高いです。そのため、共に作業する同士の気質や性質によって良い方向に流れていくか、停滞してしまうか結果に違いが表れてきます。何かモノづくりに携わるような職業にも適性が見られます。

そんな庚戌生まれの人は、自分のペースで働けるような職場環境で持ち前の斬新で個性的な発想力を活かした職業に就くと良いでしょう。

謙虚な姿勢を保ちながら、高いレベルに向かって取り組んでいくと開運にも期待が持てます。

 [庚戌の人の適職]

研究者・料理人・プログラマー・デザイナー・プランナー・陶芸家・建築士・など

庚戌(かのえいぬ)の男性との相性ランキング

庚戌生まれの男性と相性が良いランキングは下記のとおりとなっています。

第1位 己卯(つちのとう)

第2位 乙卯(きのとう)

第3位 戊申(つちのえさる)

第4位 壬午(みずのえうま)

第5位 庚申(かのえさる)

強い信念を持っている者同士で気の合う関係が築いていけます。お互いに本音でぶつかり合っていけるので隠し事のない深い絆で結ばれていきます。

反対に庚戌生まれの男性と相性が悪いのは、丁丑(ひのとうし)・甲辰(きのえたつ)・丙辰(ひのえたつ)。本心を明かすことのない人に対して不満を抱きやすく衝突してしまう可能性が高いです。心にモヤモヤを常に持つことになり離れていってしまう傾向が高いです。

庚戌(かのえいぬ)の女性との相性ランキング

庚戌生まれの女性と相性が良いランキングは下記のとおりとなっています。

第1位 乙卯(きのとう)

第2位 己卯(つちのとう)

第3位 癸巳(みずのとみ)

第4位 辛亥(かのとい)

第5位 壬午(みずのえうま)

上手くリードしてくれる相手に安心して身を任すことができ、愛情を育みやすい関係を築いていくことが出来ます。

反対に庚戌生まれの女性と相性が悪いのは、丙辰(ひのえたつ)・丁未(ひのとひつじ)・己丑(つちのとうし)。お互いにガンコ者同士で意見を曲げない傾向が高いので、上手くかみ合うことが少なく喧嘩へと発展していく可能性が大きいですい。そのため、あまり相性が良くないでしょう。

庚戌(かのえいぬ)の有名人・芸能人

  • 桜井 和寿:1970年(昭和45年)3月8日(歌手)
  • 水野 真紀:1970年(昭和45年)3月28日(女優)
  • 博多 華丸:1970年(昭和45年)4月8日(タレント)
  • 阿部 サダヲ:1970年(昭和45年)4月23日(俳優)
  • 宮藤 官九郎:1970年(昭和45年)7月19日(脚本家・構成家・俳優)
  • 羽生 善治:1970年(昭和45年)9月27日(棋士)
  • 永作 博美:1970年(昭和45年)10月14日(女優)

まとめ

今回は、庚戌生まれの性格の特徴や恋愛、結婚、金運、適職、相性についてご紹介しました。

庚戌生まれの人は、どんなに厳しい環境でも自分の信念は曲げない強い意志の持ち主で粘り強さもあります。しかし、慎重になり過ぎてチャンスを逃してしまう可能性があるので注意が必要です。

そして、この機会に自分を深く掘り下げてみてはいかがでしょうか。今まで気付けなかった部分に気付け、きっと今後の人生がより良いものへと変わっていくはずです。

考えるきっかけのツールとして使って頂き、自分を探求するひとつの手段として今後の人付き合いに活かせると良いと思います。 最後までご覧いただきありがとうございました

コメント