【2022年の運勢】辛亥(かのとい)生まれの性格・特徴

占いと言えば、何占いを思い浮かべますか?

タロットや手相、星座、風水、四柱推命など思い浮かべる人も多いと思います。

ここでは四柱推命により分かる運勢や性格、特徴などをご紹介していきます!

“四柱推命の世界は歴史も古く、最も早く自分の命運を知ることができる近道”であり、過去、現在、未来の命運を推察できます。

《四柱推命(しちゅうすいめい)とは》

陰陽五行説を元にその人の産まれた生年月日時を10個の「干」と12個の「支」に置き換え運命を推察する占術です。基礎情報の鑑定に非常に強く、運勢の良し悪しを的確に判断できる特徴があります。

また、四柱推命(しちゅうすいめい)は陰陽五行説(古代中国の思想や易から発生)を元に生まれた「年」「月」「日」「時」の四つの干支を柱とし、その人の先的な可能性を推し量る占術で、陰陽五行説は、自然界を構成する『木・火・土・金・水』という5つの元素=五行を、さらに陰と陽に分けるという考え方です。陰陽五行説は、占いだけではなく漢方や鍼灸など、東洋系の医療や技術の考え方の基本としても使われているのです。

気になる2022年の運勢や恋愛&結婚、相性についても男女別に詳しく解説しています。

今回は『辛亥』生まれの人について解説していきたいと思いますのでご覧ください。

執筆者

【2022年】辛亥(かのとい)の運勢

辛亥生まれの2022年の運勢は、何かを始める良い年となり新たな成果が期待できる1年となります。まず、謙虚な姿勢を忘れずにいることによって開運が期待できる年でもありますので、そういった姿勢を心掛けてこの1年を過ごしていきましょう。

多くからの信頼を得られることによって可能性がどんどん広がっていきます。諦めかけていた思いも、この1年は上手く掴みとることが出来るかも知れません。周囲からの目ばかりを気にせずに、信念を貫いて挑んでいきましょう。自然と周囲からの助けを得られることもでき、順調に目標に向かって進んでいくことが出来ます。

また、チャンスに恵まれる機会が多くなる傾向が高いので、この機会に踏ん張り来年へと繋げていくようにしてください。

注意するべきことは、良い兆しが見え傲慢になり過ぎる点です。この1年は“謙虚な姿勢を保つこと”これに徹して良い運気をより多く引き込んでいくことが辛亥生まれの人にとって大きな課題となるでしょう。

健康面では、謙虚な姿勢を保とうとして精神面が少しデリケートになっていることも多くあるでしょう。そのため、ストレスとなって体の不調を訴えることも出てきます。

そんな時は、迷わずに信頼している親しい友人などに話を聞いてもらうと心が落ち着いていきます。話すことによって安心感が得られてホッとしていくでしょう。また、話しているうちに自身のしたいことや思っていることが明確になっていきます。心が軽やかになるとやる気も湧いていきます。

また、メディア等の流行を取り入れていくとモチベーションも上がり、実力以上の力を発揮することも可能です。

辛亥(かのとい)の読み方と意味

辛亥の読み方は、かのとい、しんきんのいのしし、しんがいです。十干(じっかん)と、十二支(じゅうにし)の組み合わせは60通りあり、干支の中で第48番目の組み合わせとなっています。

干支といえば、12種類の動物を思い浮かべる人が多いと思いますが、それは『十二支(じゅうにし)』と呼ばれるものです。本来、干支とは十干(じっかん)と十二支(じゅうにし)の「干」と「支」の2つの意味が合わさってできた言葉で、正しくは「十干十二支(じっかんじゅうにし)」と呼ばれています。

十干とは、「申(きのえ)・乙(きのと)・丙(ひのえ)・丁(ひのと)・戊(つちのえ)・己(つちのと)・庚(かのえ)・辛(かのと)・壬(みずのえ)・癸(みずのと)」のことで、十二支とは、世間一般で広く使われていて干支と呼んでいる「子(ね)→丑(うし)→寅(とら)→卯(うさぎ)→辰(たつ)→巳(み)→午(うま)→未(ひつじ)→申(さる)→酉(とり)→戌(いぬ)→亥(いのしし)」のことです。これらの「十干」と「十二支」を組み合わせた「十干十二支=干支」が60通りあるのです。そして、干支(十干十二支)が一巡し誕生年の干支に還ることを還暦(60歳)と言います。

十干の辛「かのと」と十二支の亥「い」が組み合わさって成立している干支で、十干の辛は陰の金、十二支の亥は陰の水、この2つが出会うと相生(金生水=金属の表面には凝結により水が生じる。)の関係となります。

辛亥の前には「庚戌」があり、庚戌、辛亥、壬子、癸丑の順に移っていきます。一番最近の辛亥は、1971年(昭和46年)に訪れたので、次の辛亥は60年後(干支の周期は60年)の2031年となります。

【男女共通】辛亥(かのとい)の基本的な性格と特徴

辛亥生まれの人は、感受性がとても鋭くて繊細な人が多く、甘えん坊なところがあります。時には、子供のような我儘を言って周囲を困らせてしまう事もありますが、良き理解者と出会うことによって大きく成長していくことが出来ます。

また、物事の本質を見極めるのが得意で、多くの知識から応用していく力まで取り入れることが可能です。目標が定まれば、そこに向かって一生懸命に進んでいける人なので周囲にも良い影響を与えています。とても意志の強い面も持っていますので、折れずにしっかりと掴みとることが出来るでしょう。

空気を読むことも上手なのでムードメーカー的な存在で多くの人から愛されています。笑顔が絶えない明るい性格なので、初対面でも誰とでも話していくことが出来ます。

しかし、信頼できる親族や友人の前では自分本位となって我儘なところが目立ちますので注意が必要です。自己中心的な発言や行動を抑えられるよう心をコントロールしていくことを心掛けましょう。

辛亥(かのとい)男性の性格

辛亥生まれの男性は、判断力に優れておりチャレンジ精神が旺盛な人が多いです。また、プライドが高く好き嫌いがはっきりしている性格でもあります。自身の意見を曲げずに貫き通そうとする頑固な部分も持ち合わせているので、特に目上の人から煙たがられる存在となる場合もあります。

常に高みを目指し頂点へと進む姿勢は、物事を恐れることを知らず困難にも果敢に立ち向かっていく強い精神の持ち主だということが窺えます。

そんな辛亥生まれの男性は、親分肌的な存在として多くの人から慕われています。しかし、好き嫌いがはっきりしているため好んだ相手に対してはとても面倒見が良いですが、好まない相手に対しては冷たくそっけない態度で接します。そのため、周囲からの評価はばらつきが見られます。

自信家な部分で大失敗をしてしまう可能性がありますので、慎重に進んでいくことも念頭に置いておきましょう。

辛亥(かのとい)女性の性格

辛亥生まれの女性は、社交的で行動力があるので交友関係も広い傾向が見られます。一方で、プライドが高く負けず嫌いな性格から敵対心を持たれて友情にヒビが入ってしまう事もありますので注意が必要です。

しかし、物事を見極めたりすることが得意で決断力もあるため周囲から頼りにされることも多いでしょう。感受性も豊かなので相手の気持ちになって考えることができ、気を配ることも忘れません。

そんな辛亥生まれの女性は、とても努力家で現実的に物事を見極めていますが、ロマンチストな部分も秘めています。夢見るような非現実的な面とのギャップが大きく魅力の1つでもあります。

基本的に頭が良く合理的に物事を進める力を持っていますが、意地を張り過ぎることが多いので気を付けましょう。あと少しのところで意地を張り失敗してしまう傾向が高いです。思いやりを大切にして配慮していくと、能力を最大限に活かすことができ成功へと向かっていけるでしょう。

辛亥(かのとい)の年柱・月柱・日柱・時柱の性格・特徴

四柱推命とは、人の生まれた命運を推察する方法で現在では世界中に知られています。人生を大きく4つのサイクルに分けて、1つ目を年柱、2つ目を月柱、3つ目を日柱、4つ目を時柱とし構成されています。

辛亥の性格や特徴にどんな影響を与えているのでしょうか。

辛亥(かのとい)の年柱

年柱は自分のルーツや成育環境、人生の傾向などを表します。年柱と特に密接な年齢域は0~20歳で、大切な人との出会いと別れを繰り返し、成長していく時期でもあり、社交運や年長者との関係、先祖や両親との関係が見えます。

独特の感性が培われていく時期となります。感性豊かな家庭で育つ傾向が高く、その影響から独特の感性や物の見方が育まれていきます。また、プライドが高くなり負けず嫌いとなるでしょう。

辛亥(かのとい)の月柱

月柱は社会運や成功運、持って生まれた福分などを表します。月柱と密接な年齢域は20~40歳で、働き盛りで仕事運や家庭運、自分自身の生き方や才能が見えます。

精神的に弱まっている時期となります。感性豊かな面を活かし努力を続けていますが、現実とのギャップに戸惑い辛さを実感している時となります。また、周囲への気配りなどから疲れが見え始めています

焦らずに自身のペースで進んでいくようにしましょう。

辛亥(かのとい)の日柱

日柱は自分自身や配偶者、私生活、結婚生活などを表します。日柱と密接な年齢域は40~60歳で、中年期に入り、恋愛運や配偶者、自分自身のことについて見えます。

物事の本質を見抜く力が目立ってくる時期となります。自身が理解されない環境に身をおくと苦労してしまいますが、周囲の個性の良さも見えてきます。苦労を無駄にせずに得意分野で才能を伸ばしていくようにすると良い方向へ流れていきます。

辛亥(かのとい)の時柱

時柱は子供運や晩年運、仕事能力などを表します。時柱と密接な年齢域は60歳~死亡するまでで、晩年期を迎え、子供や目下の人との関係、部下との関係が見えます。

突然起こる環境の変化に戸惑うことが多くなる時期となります。興味を持ったことに対して多くの知識を得ようと積極的に取り組みます。しかし、昔と違い体力面なども衰えも実感していくようになります。

辛亥(かのとい)と十二運

十二運は、日干からみた十二支の強さを表したものです。胎、養、長生、沐浴、冠帯、建禄、帝旺、衰、病、死、墓、絶の12種類から構成されていて、受胎し新生命が宿り母体によって養われて生まれ、産湯につかり成長しひとり立ち、人生の旺盛期で社会的な地位を得て引退し、衰退していく中で病にかかり死に至る。そして墓に入り霊魂状態となって胎に戻るという人の一生になぞらえて表現されています。本家の中国台湾では生旺墓絶と言われ、中国占術全般で広く使用されています。

【辛亥(かのとい)と胎(母の胎内に宿る時期)】

胎と組み合わさる場合、環境の変化が多く忙しくなる時期となります。慣れない環境の変化に戸惑い疲れを感じてしまうことが多くなりそうです。上手く乗り切れるよう工夫を凝らしたり、緑豊かな場所でゆっくり休んだりしていくと良いでしょう。

【辛亥(かのとい)と養(生まれ養育されている時期)】

養と組み合わさる場合、自分の信念を貫き通す時期となります。地道な努力を続けることによって、今後大きな力となるでしょう。また、独自のスタイルを最後まで貫き通すようになります。

【辛亥(かのとい)と長生(いちじるしく育つ時期)】

長生と組み合わさる場合、周囲からの理解を得ることが難しい時期となります。周囲から分かりにくく気難しいと思われる傾向にあります。まずは、自分から相手の気持ちを理解しようと心掛けるようにしていきましょう。

【辛亥(かのとい)と沐浴(悪いことも覚える時期)】

沐浴と組み合わさる場合、起伏が激しい時期となります。感情的になることが多くトラブルへと発展する可能性があります。自身の心のままに進んでしまう事が多い時期となりますが、一呼吸置くことによって見えてくる景色もあるので落ち着いて考えてから動くようにするとトラブルも回避できるでしょう。

【辛亥(かのとい)と冠帯(成人し社会にでる時期)】

冠帯と組み合わさる場合、マイペースを保つことが重要な時期となります。他人の評価を気にしてしまいがちになりますが、今まで培ってきた知識と経験によって十分に実力を蓄えています。自信を持って正しいと思う道を進んでいきましょう。

【辛亥(かのとい)と健禄(一家の主として稼ぎまくる時期)】

建禄と組み合わさる場合、単独行動が多くなる時期となります。プライドを高く持ち思うままに行動していくので単独となることが多い傾向にあります。

【辛亥(かのとい)と帝旺(頂点を極めた時期、会社の社長?)】

帝旺と組み合わさる場合、自分に厳しくなる時期となります。基本的に自分に厳しいところがある辛亥生まれの人ですが、この時期は更に自分に厳しくなるでしょう。そのため、大きく成長することができ成果へと繋げていける可能性が大きいです。

【辛亥(かのとい)と衰(一線から退き、定年を迎えた時期)】

衰と組み合わさる場合、金銭面において安定する時期となります。持ち前の個性的センスが認められるようになります。効率よく収入を上げていくことが可能になっていきます。しかし、健康面では十分に注意をしてください。

【辛亥(かのとい)と病(衰弱し病にを患う時期)】

病と組み合わさる場合、チャンスが巡ってくる時期となります。工夫を凝らしていくことによって大きなチャンスが巡ってきますが、やり方を間違えると逃してしまう事となります。周囲を良く観察し、自身の能力を最大限に引き出せるよう努力しましょう。

【辛亥(かのとい)と死(生命の終わりの時期)】

死と組み合わさる場合、悩みが多く人間関係においてトラブルが起こりやすい時期となります。この時期に起こるとトラブルは自分を成長させてくれる試練だと思い逃げずに向き合っていきましょう。

【辛亥(かのとい)と墓(墓に入った時期)】

墓と組み合わさる場合、調和がとりにくい時期となります。周囲となかなか上手く合わず停滞気味となってしまいます。無理に合わすよりも自分のペースで進んでいった方が上手くいく傾向にあります。

【辛亥(かのとい)と絶(魂として肉体を離れた時期で胎を探す時期)】

絶と組み合わさる場合、厳しい環境でも乗り越えていける時期となります。自分の人生をしっかりと見つめることができ、構築していくことができるでしょう。再び大きなチャンスが巡ってくる可能性が大きいのでしっかり掴みとれるようにしていきましょう。

【男性】辛亥(かのとい)の恋愛観・恋愛運

辛亥生まれの男性は、容姿端麗な人を好きになる傾向が高く、好きになったらどんどんアプローチを仕掛けていく積極的な人が多いです。

しかし、恋愛においては二面性なところがあり“情熱的”になっていたかと思っていたら”そっけない“クールな部分”を出してきます。恋愛に積極的になっている時と趣味などの他の事に積極的になっていると時、その日によって2つの顔が見え隠れします。気まぐれの気分屋なところがあるので、包容力のある人を相手に選ぶと上手くいくでしょう。

そんな辛亥生まれの男性ですが、愛情表現はとてもストレート。そのため、お付き合いに発展してからも愛に溢れた関係が保っていけるでしょう。また、ノリが良くて楽しい人を選ぶ傾向も強いので、一緒に居て盛り上がることができ楽しいお付き合いを育んでいけます。

お付き合いが長くなると、他の人を魅力的だと感じ刺激を求めて突っ走ってしまうところがありますので注意が必要です。

【女性】辛亥(かのとい)の恋愛観・恋愛運

辛亥生まれの女性は、基本的に受け身ですが清楚でお淑やかな雰囲気を持っているのでモテやすくアプローチされることが多いでしょう。そのため、お相手には困ることはありませんが、自分の理想をしっかり持っているのでしっかりと相手を見極めた上でお付き合いへと発展していくでしょう。

控えめながらも自己主張もしていける器用なところがあるので、比較的に恋愛運には恵まれています。慎重に相手を選ぶことができるため、良い関係を築いていくことができ、たとえ別れることがあったとしても喧嘩別れなどではなく円満に離れることが出来るでしょう。

そんな辛亥生まれの女性は、いつまでも相手をまっすぐに思い続けられる一途なところがあり、愛情の大きさも変わらずに持ち続けることの出来る人です。

穏やかで落ち着いた人を相手に選ぶと上手く進んでいくことが出来るでしょう。また、甘えたいときに甘えさせてくれるような包容力を持った人もおススメです。

【男性】辛亥(かのとい)の結婚観・結婚運

辛亥生まれの男性は、お見合い結婚よりも恋愛結婚の末にゴールインする傾向が高く、華やかで明るい家庭を築いていくでしょう。

結婚するとパートナーを守りたいと強く意識するようになり、しっかり物事を見極めて仕事もバリバリこなすので家族サービスが怠りがちになってしまいそうです。また、自分の好きなことを自由に楽しみたいと思っているところもありますので、家族と一緒に過ごす時間が少なめな傾向が見られます。自由な性格を理解してくれるような人をパートナーに選ぶと喧嘩へと発展することもないでしょう。

また、その時その場に応じて優先順位を考えて対応していくことによって円満な家庭が築いていけるでしょう。

しかし、社交的で明るく楽しい人柄なので結婚後もモテる傾向にあります。浮気っぽくなってしまう事もありますので、しっかりと自制することが大切です。

また、結婚後も交際中と変わらずにパートナーや家族に対してのプレゼントやサプライズを行っていくと明るく平和な家庭が長く続いていくでしょう。

【女性】辛亥(かのとい)の結婚観・結婚運

辛亥生まれの女性は、婚期はやや遅めになりそうですが、自分が理想とするパートナーと出会うことができ幸せ結婚生活を送ることができるでしょう。束縛されることが苦手な傾向が見られますので、結婚後も仕事を持ったままの人も多いです。しかし、仕事と家庭を上手く両立させることができ、良い妻、良いママとなるでしょう。

仕事を続けることや自分の持つ独特の感性を理解してくれる人をパートナーに選ぶと、結婚生活も実のある楽しいものになっていきます。

そんな辛亥生まれの女性は、社交的で人当りが良い性格なのでパートナーの家族や親せき、ご近所付き合いも良好で、温かい恩恵を受けられることも多くなるでしょう。感受性豊かなところも好かれる原因の1つでしょう。

しかし、何でも自分で決めてしまうところがありますので注意が必要です。結婚後は夫婦できちんと話し合い、お互いの意見を取り入れながら物事を進めていくようにしましょう。そうやって協力し合うことによって絆が深まっていき華やかで明るい家庭を築いていけます。

辛亥(かのとい)の金運

辛亥生まれの人は、やる気のパワーに包まれた1年なので金銭面にも大きく影響が出てくるでしょう。収入面でも期待ができ、比較的に潤った年になりそうです。

毎日更新されていく情報にも目を向けていくと上手く活用していくことが出来ます。そのため、お買い得な買い物ができ、特売品など人数に縛りのある品物などをゲットできる機会にも恵まれるでしょう。

お得感を味わったあとは、更にエスカレートして次々にお買い得商品に目を付けるため浮いたお金は大きくなっていきます。そのお金を使わないで使ったものと考え貯めていくと予想以上に貯蓄額がアップしています。しかし、入ってきたからといって使ってしまっては意味がありません。しっかりと金銭管理をしていくよう心掛けて下さい。

また、この1年はくじ運にもツキがあるので、宝くじや福引、懸賞などで欲しかったものが手に入るかも知れません。引き運にツキが見られますので、仕事でも大きな案件が成功したりして臨時収入が得られるチャンスが巡ってくるのかも知れませんね。

この1年の良運をフルに呼び込んで余裕のある年にしていきましょう。

辛亥(かのとい)の適職・天職・職業

辛亥生まれの人は、頭脳明晰な人が多く独特な個性や感性を持っています。とても頭は良い傾向にあるのですが、基本的にお堅い仕事だと気疲れを感じやすく長続きしない人が多いです。

また、気難しい面と気の短い面を持っているため、自身の志を強く持てるような分野だと妥協せずに良いポジションまでたどり着けます。

そんな辛亥生まれの人は、センスを必要とされる職業や感性を扱う仕事などおススメです。鋭い感性が存分に発揮され、やりがいを感じることが出来るので居心地も抜群なはずです。

達成感や喜びを感じられる職種にも適性が見られますので、医療関係や動物をテーマにした仕事なども良いでしょう。

基本的に独立してフリーで活躍するよりも、どこかの組織に所属した方が才能も開花しやすく、周囲からも認められることが多いでしょう。

自身の個性が活かせてのびのびと発揮できる職場を選ぶと成果を得られることに期待が持てます。

 [辛亥の人の適職]

医者・獣医師・弁護士・動物園・水族館・貴金属関係・デザイナー・ブティックなど

辛亥(かのとい)の男性との相性ランキング

辛亥生まれの男性と相性が良いランキングは下記のとおりとなっています。

第1位 癸卯(みずのとう)

第2位 辛卯(かのとう)

第3位 丙辰(ひのえたつ)

第4位 戊子(つちのえね)

第5位 丙子(ひのえね)

お互いに協調性があり自然体で付き合っていける傾向にあります。明るく平和な関係が続いていけるでしょう。

反対に辛亥生まれの男性と相性が悪いのは、乙巳(きのとみ)、甲申(きのえさる)、癸巳(みずのとみ)。物の見方ややり方に相違するところがあり、一緒にいると衝突することが多くなっていきます。そのため、あまり相性は良くない傾向にあります。

辛亥(かのとい)の女性との相性ランキング

辛亥生まれの女性と相性が良いランキングは下記のとおりとなっています。

第1位 丙子(ひのえね)

第2位 丙寅(ひのえとら)

第3位 己卯(つちのとう)

第4位 癸未(みずのとひつじ)

第5位 癸卯(みずのとう)

余計な気を遣わずに過ごすことができるので居心地良くホッとした関係を保って行くことが出来ます。また、気も合うので楽しく明るい素敵なカップルとなるでしょう。

反対に辛亥生まれの女性と相性が悪いのは、癸巳(みずのとみ)、辛巳(かのとみ)、己巳(つちのとみ)。進む歩調の違いから気疲れや息苦しさを感じてしまいます。そのため、あまり長くは続かない傾向が高いです。

辛亥(かのとい)の有名人・芸能人

  • 竹野内 豊:1971年(昭和46年)1月2日(俳優)
  • 博多 大吉:1971年(昭和46年)3月10日(タレント)
  • 木村 多江:1971年(昭和46年)3月16日(女優)
  • 西川 史子:1971年(昭和46年)4月5日(医師・タレント)
  • 伊坂 幸太郎:1971年(昭和46年)5月25日(作家)
  • 松岡 充:1971年(昭和46年)8月12日(歌手)
  • 元木 大介:1971年(昭和46年)12月30日(元プロ野球選手)

まとめ

今回は、辛亥生まれの性格の特徴や恋愛、結婚、金運、適職、相性についてご紹介しました。

辛亥生まれの人は、感受性が強く純粋でデリケートな人が多い特徴がありますが、好き嫌いが激しい面も見られます。また、人を見抜く力にも優れているので、自身にとってプラスになる人を上手に見極めて付き合い、助けを受けながら成長していく傾向が見られます。

そして、この機会に自分を深く掘り下げてみてはいかがでしょうか。今まで気付けなかった部分に気付け、きっと今後の人生がより良いものへと変わっていくはずです。

考えるきっかけのツールとして使って頂き、自分を探求するひとつの手段として今後の人付き合いに活かせると良いと思います。

最後までご覧いただきありがとうございました。

コメント