【2022年の運勢】丙申(ひのえさる)生まれの性格・特徴

占いと言えば、何占いを思い浮かべますか?

タロットや手相、星座、風水、四柱推命など思い浮かべる人も多いと思います。

ここでは四柱推命により分かる運勢や性格、特徴などをご紹介していきます!

“四柱推命の世界は歴史も古く、最も早く自分の命運を知ることができる近道”であり、過去、現在、未来の命運を推察できます。

《四柱推命(しちゅうすいめい)とは》

陰陽五行説を元にその人の産まれた生年月日時を10個の「干」と12個の「支」に置き換え運命を推察する占術です。基礎情報の鑑定に非常に強く、運勢の良し悪しを的確に判断できる特徴があります。

また、四柱推命(しちゅうすいめい)は陰陽五行説(古代中国の思想や易から発生)を元に生まれた「年」「月」「日」「時」の四つの干支を柱とし、その人の先的な可能性を推し量る占術で、陰陽五行説は、自然界を構成する『木・火・土・金・水』という5つの元素=五行を、さらに陰と陽に分けるという考え方です。陰陽五行説は、占いだけではなく漢方や鍼灸など、東洋系の医療や技術の考え方の基本としても使われているのです!

気になる2022年の運勢や恋愛&結婚、相性についても男女別に詳しく解説しています。

今回は『丙申』生まれの人について解説していきたいと思いますのでご覧ください。

執筆者

【2022年】丙申(ひのえさる)の運勢

丙申生まれの2022年の運勢は、何かと大忙しな1年となり目まぐるしく過ぎていきますが、充実した日々を過ごせるでしょう。前向きな気持ちでパワーに溢れているため、少々の事では落ち込みません。困難にも打ち勝つ気力とポジティブさで乗り越えていけるでしょう。

また、様々な場所での活躍に期待が持てる傾向にあります。自身の持つ才能を活かせる機会にも恵まれるので、あらゆる場所から必要とされる存在となるでしょう。忙し過ぎて投げ出したくなる時もありますが、確固たる強さで粘り強く取り組んでいけます。

この1年を通して取り組んだことが今後の人生に大きく役立っていくでしょう。経験が増えたことによって確実に成長を遂げ、成功へと繋がっていきます。迷いが生じた時には思いきってチャレンジしていく方向で進んでいくことをおススメします。

健康運においても忙しさに負けないように体力作りを積極的に取り入れてみましょう。体力作りに欠かせない食事や運動にも気を使ってみて下さい。忙しいからといってササッと食事を済ませるのではなく、忙しい時だからこそバランスの良い食事をゆっくりと味わいながら摂取し、効率よく体を動かして体力アップを心掛けていきましょう。移動手段として歩く、階段を使うだけでも軽い運動になり良い気分転換にもなりますので身近なところから始めてみましょう。

丙申(ひのえさる)の読み方と意味

丙申の読み方は、ひのえさる・へいかのさる・へいしんです。十干(じっかん)と、十二支(じゅうにし)の組み合わせは60通りあり、干支の中で第33番目の組み合わせとなっています。

干支といえば、12種類の動物を思い浮かべる人が多いと思いますが、それは『十二支(じゅうにし)』と呼ばれるものです。本来、干支とは十干(じっかん)と十二支(じゅうにし)の「干」と「支」の2つの意味が合わさってできた言葉で、正しくは「十干十二支(じっかんじゅうにし)」と呼ばれています。

十干とは、「申(きのえ)・乙(きのと)・丙(ひのえ)・丁(ひのと)・戊(つちのえ)・己(つちのと)・庚(かのえ)・辛(かのと)・壬(みずのえ)・癸(みずのと)」のことで、十二支とは、世間一般で広く使われていて干支と呼んでいる「子(ね)→丑(うし)→寅(とら)→卯(うさぎ)→辰(たつ)→巳(み)→午(うま)→未(ひつじ)→申(さる)→酉(とり)→戌(いぬ)→亥(いのしし)」のことです。これらの「十干」と「十二支」を組み合わせた「十干十二支=干支」が60通りあるのです。そして、干支(十干十二支)が一巡し誕生年の干支に還ることを還暦(60歳)と言います。

十干の丙「ひのえ」と十二支の申「さる」が組み合わさって成立している干支で、十干の丙は陽の火、十二支の申は陽の金、この2つが出会うと相剋(火剋金=火は金属を熔かす)の関係になります。

丙申の前には「乙未」があり、乙未、丙申、丁酉、戊戌の順に移っていきます。一番最近の丙申は、2016年(平成28年)に訪れたので、次の丙申は60年後(干支の周期は60年)の2076年となります。

【男女共通】丙申(ひのえさる)の基本的な性格と特徴

丙申生まれの人は、明るく社交的な人が多く豊かな感情表現で周囲を明るい雰囲気にしてくれます。美的センスにもすぐれているため、華やかさがあり目立つ存在となります。

しかし、内面には感情の激しい起伏を秘めており、突然その姿を周囲に見せたりする場合もあります。自尊心を軸にして物事に取り掛かる傾向が強いため、計算高く世渡り上手な性格だと言えるでしょう。

また、独特で個性的な発想力を持っているので芸術性の高い作品を生み出したりすることも考えられます。鋭い感性と不屈の精神、強い意志を持つ丙申生まれの人だからこそプラスに働き強運に恵まれている傾向が高いのです。成功へと繋がる道も開いていく可能性も大きいでしょう。

丙申(ひのえさる)男性の性格

丙申生まれの男性は、純粋な心の持ち主で向上心が高く活動的な性格です。素直な人柄で人を疑わないタイプでありますが、これは複雑にあれこれと考えることが苦手でもあるからなのです。そのため、周囲から見れば怪しいと思える事柄でも、素直な気持ちで純粋に信じてしまう傾向にあります。そこを上手く利用されたり、騙されたりしてしまうことも十分にありますので時には注意が必要です。

自分の中で目標や理想を掲げ、達成するために努力を惜しむことなく励み、達成すればまた新たな目標に向かって進んでいきます。そのため、常に成長していくことができ大成することもあるでしょう。

周囲に認めてもらいたいと強く思っているところがありますので、叱られたり注意されたりするよりも、褒められて伸びるタイプと言えるでしょう。

裏表がなく親しみやすい人柄で多くの人に囲まれて楽しく過ごすことが出来ますが、気分屋な部分で行動や発言がコロコロと変わってしまったりするので信用を失わないように気を付けて下さい。

丙申(ひのえさる)女性の性格

丙申生まれの女性は、明るく社交的な性格のため交友範囲が広く友人の数も多いです。忙しく動き回ることを好んでいるので、ジッと同じ場所に滞在することは苦痛と感じてしまうようです。常に何かしらの目的のために行動しているといった印象が見受けられます。

そんな丙申生まれの女性の周りは、いつも笑いが絶えない明るい空気に包まれています。また、感情表現が豊かなので何を考えているのか分かりやすい特徴も持っています。そうした面で、とても付き合いやすくサバサバしているので一緒に居て居心地良さを感じさせているのかも知れませんね。

独特のセンスがあり、派手さを好む傾向も高いです。自身も目立つことに対して抵抗は無く、生まれ持った気品の高さで上手く演出することができ魅力を最大限に引き出していきます。

人との繋がりを大切にする気持ちが強く、誰かの面倒を見たり世話を焼いたりと忙しく他人と関わっていることに喜びを感じているので周囲からは頼りにされることも多いでしょう。また、人情味にあふれた言動からは温かみが感じられるので多くの人から愛される存在となります。

丙申(ひのえさる)の年柱・月柱・日柱・時柱の性格・特徴

四柱推命とは、人の生まれた命運を推察する方法で現在では世界中に知られています。人生を大きく4つのサイクルに分けて、1つ目を年柱、2つ目を月柱、3つ目を日柱、4つ目を時柱とし構成されています。

丙申の性格や特徴にどんな影響を与えているのでしょうか。

丙申(ひのえさる)の年柱

年柱は自分のルーツや成育環境、人生の傾向などを表します。年柱と特に密接な年齢域は0~20歳で、大切な人との出会いと別れを繰り返し、成長していく時期でもあり、社交運や年長者との関係、先祖や両親との関係が見えます。

家族の愛をたっぷり受けてすくすく成長していく時期となります。また個性豊かな家庭の傾向が高いので、その影響を受けて育ちます。小さな悩みも生まれる時期となりますが、とても明るい性格で人間関係にも恵まれているため上手く乗り越えていけます。

丙申(ひのえさる)の月柱

月柱は社会運や成功運、持って生まれた福分などを表します。月柱と密接な年齢域は20~40歳で、働き盛りで仕事運や家庭運、自分自身の生き方や才能が見えます。

願っていたことが現実となりやすい時期になります。思わぬチャンスにも恵まれ自身の才能を活かせる時期でもあるので全体的に良い運気へと発展していきます。またセンスの良さから人を惹きつける力も備わります。そのため、ハイテンションとなり、うっかりミスや忘れ物、落し物などをしてしまう可能性があるので注意が必要です。

丙申(ひのえさる)の日柱

日柱は自分自身や配偶者、私生活、結婚生活などを表します。日柱と密接な年齢域は40~60歳で、中年期に入り、恋愛運や配偶者、自分自身のことについてが見えます。

思わぬアクシデントやライバルが現れることによって気持ちが焦りやすい時期になりそうです。他人の動向が気になりどこか落ち着かない様子。怒りっぽい気持ちが不運を招いてしまうため平常心を保つことが大切となってきます。

丙申(ひのえさる)の時柱

時柱は子供運や晩年運、仕事能力などを表します。時柱と密接な年齢域は60歳~死亡するまでで、晩年期を迎え、子供や目下の人との関係、部下との関係が見えます。

新しい物事への関心が深まりチャレンジ精神旺盛な時期となります。また、大きな壁も乗り越えられる力が宿ってきます。そんな前向きで明るい性格が幸運を呼び込むこととなり、幸せな老後を送ることができるでしょう。

丙申(ひのえさる)と十二運

十二運は、日干からみた十二支の強さを表したものです。胎、養、長生、沐浴、冠帯、建禄、帝旺、衰、病、死、墓、絶の12種類から構成されていて、受胎し新生命が宿り母体によって養われて生まれ、産湯につかり成長しひとり立ち、人生の旺盛期で社会的な地位を得て引退し、衰退していく中で病にかかり死に至る。そして墓に入り霊魂状態となって胎に戻るという人の一生になぞらえて表現されています。本家の中国台湾では生旺墓絶と言われ、中国占術全般で広く使用されています。

【丙申と胎(母の胎内に宿る時期)】

胎と組み合わさると、華やかさが表へ出る時期となります。とても華やかな存在となるため、派手な行動をとって目立ち過ぎると嫉妬を買うこともありそうです。その嫉妬によって妨害が多くなる傾向にあるので注意が必要です。

【丙申と養(生まれ養育されている時期)】

養と組み合わさると、夢や目標へ向かって進んでいきますが、何かと邪魔が入りやすい時期となります。しかし、厳しい環境でこそ良いアイデアが浮かびやすいと言えます。忍耐強く進むよう努力していきましょう。

【丙申と長生(いちじるしく育つ時期)】

長生と組み合わさると、とても高い理想を持つことによって行動範囲が広がる時期となります。華やかな人脈にも期待ができ、好奇心が旺盛になります。興味を持ったことにどんどんチャレンジしていくでしょう。

【丙申と沐浴(悪いことも覚える時期)】

沐浴と組み合わさると、人を惹きつけ愛される明るさと魅力が溢れる時期となります。自身の人生に大きく関わる人との出会いにも期待が持てます。

【丙申と冠帯(成人し社会にでる時期)】

冠帯と組み合わさると、芸術的なセンスで溢れており、自身の魅力を最大限に活かせることのできる時期となります。自己演出も上手く周囲からの評価も高まっていく時期でもあります。

【丙申と健禄(一家の主として稼ぎまくる時期)】

建禄と組み合わさると、厳しい環境に身を置くことにより感性が磨かれていく時期となります。どんな努力も惜しまないため、センスや才能が磨かれ成長を遂げていきます。芸術的な才能が開花する可能性も大きいでしょう。

【丙申と帝旺(頂点を極めた時期、会社の社長?)】

帝旺と組み合わさると、目標や夢を現実化させる能力が発揮されやすい時期となります。バランス感覚に優れており、周囲の人からの協力も得られるでしょう。

【丙申と衰(一線から退き、定年を迎えた時期)】

衰と組み合わさると、困難で難しいことにも成果が出てくる時期となります。諦めていたことも成功してしまうほど順調に物事が進んでいくようになります。大事なことは、知恵を絞って行動すること。

【丙申と病(衰弱し病にを患う時期)】

病と組み合わさると、存在感があるため周囲からの風当たりを強く感じる時期となります。良くも悪くも目立ってしまう時期なので少し引き気味で行動をしていくように心掛けましょう。

【丙申と死(生命の終わりの時期)】

死と組み合わさると、プライドが高く自我を出し過ぎると周囲から批判される恐れがある時期となります。周囲に対して上からの目線になりがちなので注意が必要です。

【丙申と墓(墓に入った時期)】

墓と組み合わさると、トラブルが起こりやすい時期となります。しかし、危機一髪でそれを乗り越えることが出来るでしょう。どんな時でも冷静さを忘れないようにしましょう。

【丙申と絶(魂として肉体を離れた時期で胎を探す時期)】

絶と組み合わさると、周囲から驚かれるような環境の変え方をする時期となるでしょう。独特な考え方や自身の持つ価値観を貫き通し行動に移す可能性が高いです。

【男性】丙申(ひのえさる)の恋愛観・恋愛運

丙申生まれの男性は、惚れっぽく冷めやすい傾向があるため、中身をよく知らないまま告白し交際へと発展していくことがあります。しかし、理想と現実のギャップに気付いて終わってしまうパターンとなります。

恋愛において、とても気分屋な面を持っている丙申生まれの男性は、気分が乗っていてこそ長続きしますが、気分が乗らないと早々に終止符を打ちます。また、見た目や雰囲気から想像を働かせ妄想し、“この人はこんなタイプの人”と勝手に期待しているところもあるので、なかなか自身の思うタイプの人に巡り合うことが出来ません。そのため、恋愛経験数は他の人よりも多い目です。もう少し相手の中身をよく知ってからアプローチをしていくようにしてみましょう。

自分からアプローチしていく逞しさもあり、巧みな話術も持ち合わせている丙申生まれの男性は、アタック成功率も高いはず。人を楽しませることも得意なので、本当に“この人”と思える人に巡り合えば、長く良好な関係が築いていけるでしょう。また、その人だけを見て愛そうと努力します。

引っ張って行ってくれる力強さもあるので、黙って後をついてきてくれるような奥ゆかしくて控えめな人を選ぶと良いでしょう。自分を立ててくれるような古風な人もおススメです。

【女性】丙申(ひのえさる)の恋愛観・恋愛運

丙申生まれの女性は、自分のペースを崩されたり束縛されたりすることを苦手とします。自身の時間をとても大切にしているため、交際中であってもさっぱりとした付き合い方を好む傾向が高いです。

基本的には、とても情熱的なタイプで好きになったら一直線です。直感的に好きになった人に猛アプローチをしていく逞しさも持ち合わせております。しかし、熱しやすく冷めやすい特徴が見られますので、長続きさせることは簡単にはいきません。少しでも相手の嫌な部分を見てしまうと冷めていく傾向にあるようです。

恋愛に発展していく機会にも恵まれているので恋愛経験値は高いものの、1人の人と長く深くお付き合いをするよりも“浅く”で終わる傾向が強いです。

悪い一面だけを見るのではなく、良い面や一緒に居て感性とフィーリングが合う人を選ぶようにすると恋愛運もどんどん上昇していくでしょう。

【男性】丙申(ひのえさる)の結婚観・結婚運

丙申生まれの男性は、結婚に対してとても慎重派なところがあります。そのため、パートナー選びに時間が掛かってしまう傾向が高いです。30歳前後から40歳前後にかけて良い出会いが待っている可能性が大きいので、婚期はこの時期になるかも知れませんね。周囲がどんどん結婚していったとしても決して焦ったりせずに、人それぞれと割り切って考えましょう。その方が運気も良い方向へと進んでいきます。

丙申生まれの男性の結婚運は、基本的に良くも悪くもないので一般的な運気となりますが、幸せな結婚生活が望めます。

結婚後は、自我が強く思い通りに物事を進めたい性格のため亭主関白型となりそうですが、パートナーへの感謝の気持ちや労いを忘れないようにしてください。

また、気分屋な気質でパートナーを振り回してしまう事もありますが、気分が良い時には家事を手伝ったり、家族サービスなど率先して行うよう努力してみましょう。

そうすることによって、家庭運も円満になり末永く良い関係が続いていくでしょう。

【女性】丙申(ひのえさる)の結婚観・結婚運

丙申生まれの女性は、自分の時間や空間と結婚を選ぶことができず、なかなか結婚に踏み切れない傾向が高いです。それは、自身がどちらも完璧を求めているから。あまりハイスペックばかりに拘っていると、苦労が絶えない結婚生活となるでしょう。

そのため、結婚運の方は上がり下がりが激しく目まぐるしく変化する可能性が大きいです。

少しでも理想に近付きたのであれば、お見合いや婚活などがおススメです。相手の方を早い段階で見極められることができるでしょう。また、足りない部分はお互いに補い合っていったり、一緒に成長して行ったりしましょう。

そんな丙申生まれの女性は、結婚後も家事や育児だけでは飽き足らずに外との繋がりを求める傾向にあります。仕事を続けていく可能性もあるでしょう。結婚時に2人で良く話し合って、理解あるパートナーを選ぶことによって何の問題もなく円満な家庭を築いていけるはずです。家事の分担や子育ても協力し合ってしていくことによって、絆も深まっていくでしょう。

丙申(ひのえさる)の金運

丙申生まれの人は、頑張れば頑張るほど収入アップへと繋がり期待が持てる1年となりそうです。本業や副業など、頑張った分だけ収入として得ることができますので自然とやる気も湧いてきます。昇給するチャンスにも恵まれたりするかも知れません。

しかし、収入面が増えたからといって使ってしまうのは良くないです。気持ちが大きくなり一度使い始めると止まらなくなり収入以上に使ってしまう可能性もあるのです。

増えた分の収入は貯蓄に回すなどして、しっかり管理していくことをおススメします。稼げるうちにしっかりと稼いでキープするよう心掛けましょう。そして、使い道もしっかりと考えた上で使うようにしましょう。

基本的な性質として、生まれながらに強い金運を持っている丙申生まれの人ですから、若くして大成を遂げる可能性も秘めています。この性質と今年の金運を活かせるよう頑張れる時こそ力を発揮していきましょう。

丙申(ひのえさる)の適職・天職・職業

丙申生まれの人は、優れた美的センスや芸術的センスに恵まれている傾向が高くクリエイティブな職業に就くと自身の持つ才能を開花させることができるでしょう。

頭の回転が速くて機転が効き、周りから愛されるタイプなので様々な職業におて重宝される存在となることが多いです。そのため、仕事運は比較的に良いと言えるでしょう。

何をやっても想像力豊かで表現力があるのでオリジナリティを感じさせ、何かを創り出す仕事にも適性がありそうです。また、社交性もあり巧みな話術と人当たりの良さでお客様と関わるような職業でも実力を発揮できます。

勉強熱心で細かい作業も得意としますので、お堅い職業などもおススメです。

独立を目指している場合は、ある程度の経験を積んでからの方が良いでしょう。そして、“分からないことは恥ずかしがらずに聞く”ことを意識するとより良い運気へと進んでいくでしょう。

 [丙申の人の適職]

プロデューサー・監督業・デザイン業・弁護士・税理士・行政書士・営業・販売など

丙申(ひのえさる)の男性との相性ランキング

丙申生まれの男性と相性が良いランキングは下記のとおりとなっています。

第1位 甲子(きのえね)

第2位 辛酉(かのととり)

第3位 戊子(つちのえね)

第4位 乙酉(きのととり)

第5位 戊辰(つちのえたつ)

お互いに裏表がなく純粋な心の持ち主なため、ぶつかり合うことなく癒される素敵な関係となるでしょう。

反対に丙申生まれの男性と相性が悪いのは、壬寅(みずのえとら)、庚寅(かのえとら)、癸巳(みずのとみ)。心が惹かれていく存在となりますが、どこか疑いを持つようになり深く仲良くなるまでに時間が掛かってしまいそうです。そこに至るまでに終わってしまう傾向にあります。

丙申(ひのえさる)の女性との相性ランキング

丙申生まれの女性と相性が良いランキングは下記のとおりとなっています。

第1位 己巳(とちのとみ)

第2位 甲子(きのえね)

第3位 戊辰(つちのえたつ)

第4位 辛巳(かのとみ)

第5位 丙戌(ひのえいぬ)

警戒心が強い丙申生まれの女性の心を上手く開いてくれ、一緒に居る時間が長ければ長いほど仲良くなれる関係となり幸せを呼び込んでくれるでしょう。

反対に丙申生まれの女性と相性が悪いのは、癸巳(みずのとみ)、丙寅(ひのえとら)、戊寅(つちのえとら)。お互いの持つ気質が違い過ぎるため、ぶつかり合うことも多いでしょう。一緒に居ると息苦しさを感じるようになってしまいます。

丙申(ひのえさる)の有名人・芸能人

  • 役所 広司:1956年(昭和31年)1月1日(俳優)
  • 小堺 一機:1956年(昭和31年)1月3日(タレント)
  • 桑田 佳祐:1956年(昭和31年)2月26日(ミュージシャン)
  • 北村 晴男:1956年(昭和31年)3月10日(弁護士)
  • 余 貴美子:1956年(昭和31年)5月12日(女優)
  • トム・ハンクス:1956年(昭和31年)7月9日(俳優)
  • 笑福亭 笑瓶:1956年(昭和31年)11月7日(落語家)

まとめ

今回は、丙申生まれの性格の特徴や恋愛、結婚、金運、適職、相性についてご紹介しました。

丙申生まれの人は、派手さを好みますが性格は疑うことが出来ないお人好しで純粋な人。独特な美的センスに恵まれているので存在感も大きいです。しかし、見た目や評価に拘り過ぎる部分があるのでストレスにならない程度に留めましょう。

そして、この機会に自分を深く掘り下げてみてはいかがでしょうか。今まで気付けなかった部分に気付け、きっと今後の人生がより良いものへと変わっていくはずです。

考えるきっかけのツールとして使って頂き、自分を探求をするひとつの手段として今後の人付き合いに活かせると良いと思います。

最後までご覧いただきありがとうございました。

コメント