風の時代を旅するタロット小説 第IV話・皇帝~そびえたつ山のように

風の時代を旅するタロット小説 第IV話・皇帝~そびえたつ山のように

<風の時代を旅する~フールズジャーニー>

風の時代を自由に旅する愚者。

愚者の旅になぞらえ、主人公である<愚者>と共に、日本縦断の旅に出ましょう。

風の時代を生き抜くすべをタロットカード22枚の物語で読み解く旅へ。

石垣島で活動中。LINEトーク占いを中心に対面鑑定、メール鑑定、占いコンテンツ監修、占いライター、占い講師(ストリートアカデミー)として幅広く活動中。
占星術とタロットを組み合わせお客様の明るい未来を創るサポートに日々励んでいます。

真龍人(マリユドゥ)をフォローする

<第IV話・皇帝~そびえたつ山のように>

ピピピ、ピピピ……

3時半にセットした目覚ましを、寝ぼけまなこで止めてベッドから起き上がった。

「今日は早いなぁ……」大きなあくびをした後に、グーッと天井に向かって伸びをする。

この日は茨城に住む父と、夜明けの筑波山と満開に咲き乱れる<小貝川ふれあい公園>のポピー畑を撮影する約束がある。一朝の絶景とも呼ばれるダイヤモンド筑波も拝めたらと期待に胸が膨らむ。

寝ぐせがついた長い髪をひとまとめにして、洗面台へと向かった。

父と言っても私が中学に上がるときに離婚していて、会うのも久しぶりだ。
父と母は私が10歳の時に離婚し、小学校を卒業するとともに母の実家である北海道に移り住んだのだ。

小学校まで過ごした茨城を訪れるのも何十年ぶりだろうか。父に会うのもおそらく8年ぶりくらいの気がする。

仕事を辞めバイクで日本を旅していると父に連絡を入れたら、父のほうから絶景の写真を一緒に撮りに行こうと誘われたのだ。

ホテルから待ち合わせの場所までは、30分程度だった。

「おっ。よく来たな。久しぶりだな」と、すでに父は到着し缶コーヒーを飲みながら、タバコを吸っている。

「元気そうでなにより」ニコッと微笑み返した。

髭にも白髪が目立ち、流石に父も老けたなという印象。ただ、私にバイクとカメラを教えてくれたあの頃のキラキラとした瞳はいまでも変わっていなかった。

平日にもかかわらず、夜明け前からすでに大勢のカメラマンがシャッターチャンスを狙って待機している。その間を縫って、私達もスタンバイをした。

小貝川ふれあい公園 ポピー畑と筑波山
小貝川ふれあい公園 ポピー畑と筑波山

日の出が近づき徐々に辺りが明るくなってきた。
小貝川から立ち昇る水蒸気が朝靄となり、フォトジェニックな光景をさらに盛り上げてくれている。

およそ200万本のポピーが、地元のボランティアの方々によって毎年植えられているそうだ。

太陽が筑波山の背面から上がる前に試し撮り。

「うーん、空に露出を当てるとポピーが写らないわ……」

父は私のほうを一瞬向いたが、自分のカメラに集中している。

「花畑に露出を当てたほうが良さそうだ」父がボソッとつぶやいた。

私が小さい頃から父はいつだってそうだった。多くを語らず、背中を見て育てという感じの人だった。
無論、私が会社を辞めた理由やこれからどうするかなども聞いてはこなかった。

「きっと、何も言わなくても、分かってるんだろうな……」心の中でそう呟いた。

父は私にあれをしろ、これをしろと言ったこともなかったし、それに怒られたことすらあまり記憶にない。

「どうして母は父と離婚したんだろう……」そう言えば理由など聞いたこともなかった。

太陽が筑波山頂上から昇ってくるタイミングが近づくにつれ、パシャパシャとカメラのシャッター音が鳴り響き始めた。

けたたましいシャッターの音で私の素朴な疑問も吹き飛んでいく。

「やった! すごくいいショットが撮れたよ」そう言って父にカメラのモニターを見せる。

父は相変わらず、何も言わず微笑んだ。

「さて、そろそろ、筑波山頂へ出発するか。昼飯は、山頂付近で筑波山名物つくばうどんだな」

「えー、何それ? 筑波ってうどんが有名なの?」

「まあ、楽しみにしていなさい。それと昔と違って筑波山への二輪車規制が多いから、しっかりと俺について来いよ」

今日は幼い頃を思い出しながら、しっかり父の広い背中を追いかけようと思った。

皇帝のカードの意味

「皇帝」のカードは大アルカナ4番目のカード。男性性やのアーキタイプを持つ札となり父性の象徴です。支配者としての完全なる権力を持ち、人々を統率するような力強さを持っています。組織や権力も示し、果敢に物事に立ち向かうことを示したカードです。

正位置実力を発揮する、リーダー、父性、男性性、組織、独立、権力
逆位置弱気になる、廃退、従属する、不完全燃焼、暴君、暴力

タロット解釈のための数秘術

数秘術「4」は、安定と現実性を示す数字です。安定、安全、保守的、現実さなどを示し、制限や秩序といった少し厳しい印象がある物事の基礎を固めていくようなナンバーです。この数字を誕生数に持つ人は、関わる人や環境に秩序と安定感をもたらすことが使命だと言われています。

パワースポットのご紹介

縁切り祈願は牛久成田山「真浄寺」

引用 : dp53049328.lolipop.jp

牛久市にあるお寺で、宿曜星占い・四柱推命などの占い方で鑑定していただけます。占い料はお気持ちまたは無料。

相性について、人生のリズム、子供の将来や結婚などさまざまなことを占っていただけます。

占い以外に有名なのが縁切りです。縁切り藁人形へ赤い人形に縁切り祈願を書いて刺し、縁切りをすることが可能です。

電話番号029-871-3210
住所〒300-1211 
茨城県牛久市柏田町3260-15 
牛久成田山 真浄寺
Google MAP

マリュたんからのメッセージ

大アルカナ4番目の皇帝のカードで、父の偉大さを感じた愚者。多くを語らずに態度で示すような父。いつまでも越えられない存在……それぞれ違った父親像があるとは思いますが、女性は生涯のパートナーに父親と似た人を求めることも多いと言われますよね?

またストーリーに出てくる、“筑波山名物つくばうどん”は頭文字をとって筑波茜鶏の“つ”くね、地元産のしいたけやゴボウなどの“く”ろ野菜、ローズポークの“ば”ら肉の具に、麺に地元産の小麦とレンコンパウダーを使用したご当地うどんだそうです。期間限定でいろいろな味を楽しめるみたいですよ! チャンスがあったら食べてみたいですね♪

コメント