【全16種類】霊の種類と各霊の特徴を解説!どんな霊がいるか知ってる?

【全16種類】霊の種類と各霊の特徴を解説!どんな霊がいるか知ってる?

リード文

霊は、幽霊・守護霊・精霊……など数十種類以上のものがいるとされます。

普通、私たちの間では霊というと幽霊を想像することが多いでしょう。

幽霊も、悪さをする悪霊や逆にただそこにいるだけで害を及ぼさないものもいます。

この記事では、霊の種類として16の霊をご紹介します。

自分を守ってくれる霊、神様のような霊、頭を悩ませる悪霊など
どんな霊がいるのかわかりますよ!

Lani編集部
執筆者

「Lani編集部」です。さまざまなジャンルの情報を配信しています。

Lani編集部をフォローする

守護霊

もともとは英語圏の概念です。
生きている人間に憑いて、人生の災いやトラブルから守ってくれます。

主な種類は、自分が生まれた家系の先人や誕生日(星座や天体)による守護天使や守護神などです。

あるいは、数百年前の過去生も守護霊になります。
ですが、先祖の霊は必ずしも守護霊になるわけではないです。

この世界に生まれ落ちる人なら、誰しも一人一体は霊がついてきます。

祖先の守護霊は、子孫が日常生活で選択に迷っている時などに、役割を発揮するのです。
その人の夢の中に現れて助言や警告を与えます。

守護霊は単独だけでなく、グループになって複数名で一人の人を守るパターンもあります。

背後霊

俗に言う「幽霊」に分類されますが、守護霊と同じ性質で「良い霊」です。
個人の背後からその生涯を見守り、要所要所で助けてくれます。

背後霊は、自らの意思で「憑く人」を「選んでいる」のです。
ですので、人間誰にも憑いている訳ではありません。

人には、高潔なレベルの意識や負の感情でいっぱいの心に共鳴します。
背後霊は、その人の霊的感性(直観)を高め、危険を回避させるよう導くのです。
また、いつも同じ霊が憑いてはいません。

個人の霊的レベルに応じて、
高次元・低次元の霊が憑いたり離れたりしているのです。
中には低俗な悪霊が憑いていることもあります。

指導霊

個人の生来の才能や使命を、現世で発揮または達成させるために霊的指導を行う霊です。
「パーソナルコーチ」のような存在です。

個人が持つ使命の規模によって、単独だったり複数(グループ)だったりします。

背後霊と同様、人間が成長・進化すると、そのステージに応じてコーチが入れ替わります。

常に個人に付き添い、「良い人生を生きる」ために全方面から支援してくれるのです。

時に優しく、時に厳しい性質をしています。
試練を与えることもありますが、ほとんどは克服・達成できるものです。

先祖霊・祖霊

自分が生まれた家系の先代の人々の霊です。
世界各地に祖霊(祖先)信仰が存在していて、代表的な霊の一つです。

基本的に、子孫を祟る「悪い祖霊」と守護して助けてくれる「良い祖霊」がいます。

日本では祖霊は「良き霊」とされ、後代の人々(子孫)の人生に幸運をもたらすと考えられてきたのです。

こうした祖霊は、「みおやの(み)たま」といいます。
亡くなった人はあの世に旅立ってしまうのではなく、現世で霊として子孫を見守るのです。

水子霊

妊娠・出産の過程で、流産や中絶などの事情で生まれることなく、命を落とした子どもの霊です。

水子は、生まれて日数が経過していない子どものことを言います。

仏教では、こうした子どもを供養する水子供養があります。

昔は水子(すいじ)という読み方でした。
もともとは胎児だけでなく、赤ん坊や幼い年で亡くなる子どもも指していました。

1970年代から水子供養が一般に普及し、読み方も変わったのです。

水子供養には、本来は生まれるはずだった命が人為的に失われ、
水子の祟りを恐れて行われる側面もあります。

精霊

この世界の万物(人・動物・それら以外すべて)に宿る、超自然的なエネルギーです。

霊というより「気」のイメージが強いとされます。
死者の霊を指す場合もあります。

英語ではスピリットやエレメンタルといいます。国・民族によって概念が異なるのです。

おとぎ話に出てくる「精霊」は、花の精や森の精など、自然の生命が霊になっています。

ヨーロッパでは、精霊=「四大元素の霊」の意味合いが強いです。

日本では生き物そうでないもの関係なく、
自然に存在するものは何でも
精霊が宿ると強く考えられてきました。

動物霊

亡くなった動物の魂・霊です。
宗教によって概念が異なり、幅広い観念に富んでいます。

アニミズムという、自然を霊とみなして信仰する考え方では
動物(牛や象、馬など)は神聖な存在とみなされているのです。

日本(神道)では「八百万の神々」の概念で、
ヤマタノオロチ(大蛇)など霊が宿っているとされます。

スピリチュアリズムでは、動物霊は
「人間の霊魂より格下で、哺乳類に近づくにつれて高尚になる」と考えられているのです。

浮遊霊

自分の人生が終わったことを自覚していないまま、現世に留まって浮遊している霊です。

一般的に連想される、幽霊のイメージと特に結びついています。

人生をまっとうして昇天するのではなく、
この世に未練・心残りがあって成仏できずにいるのです。

恨みつらみを持っているものと、そうでないものがいます。

大した未練がないものが現世を放浪して、
目に留まった人間に遊び半分で取り憑くことがあります。

悪霊というほど邪念に満ちているわけではなく、
単にどうすれば霊界に行けるかわからないのです。

地縛霊

自身がもう生きている者ではないと理解しない霊です。
決まった1つの場所(心霊スポット)に住み続けます。

浮遊霊と混同されることもあります。
浮遊霊は軽い気持ちで人間にちょっかいを出しますが、
地縛霊は明らかな悪意でもって取り憑いて困らせるのです。

浮遊霊はかなり低級な霊なので、
及ぼす影響はさほど大きくありません。

地縛霊は上級霊で人間に作用する負の力も強いのです。
日常生活に支障が出るほど体調を崩させます。

悪霊

世界各地の伝説・宗教・創作作品に登場する「悪の霊」です。

その概念や意味するところはそれぞれ異なります。
一つ共通しているのは「総じて人間に悪さをする」ことです。

一般的に人間に取り憑いて、種々の病気や生活上のトラブルなどを引き寄せます。
別名もののけ、怨霊とも言います。

古代から悪霊は人間にとって厄介で、
退治・除霊を行える専門家として
呪術師や祈祷師などが重宝されたのです。

生き霊

生きている人の魂が自分の肉体を離れて、
空間を自由に移動する霊のことです。

よく似た超常現象に幽体離脱があります。
意識的に肉体から抜け出て、
上から自分を俯瞰するものです。

生き霊が身体を抜け出す理由は諸説あります。
多くは、執念深い人に憑いて
自身の恨みを果たすよう操ることです。

一方では、昇天目前の人が
愛する人に会いに行くためともされます。

日本各地で、生き霊に関する伝承や逸話が残っています。

低級霊

霊の中でも、低ランクに位置する力の弱い霊です。
日常の至る場所に存在(浮遊)しています。

いつかレベルアップして、
成仏したいという願望を持っています。

低級であっても心身に及ぼす影響はあります。

いらつきやすくなったり・普段はしないミスをするなど、些細なところから異常が起きるのです。

高級霊

高い精神性を持った人に取り憑く例と、
霊そのものが人として転生する例があります。

前者のパターンは、取り憑く候補として
「困っている人を助けたい」意思の強い人が挙がります。

高級霊は、こうした人に共鳴して憑依し、
奉仕の目的のために協同するのです。

後者のパターンは、肉体のない「霊」というより、高尚な魂を持った「人」です。

本来は人間界に生まれる必要はないはずですが、
まれに特別の理由を持って生まれてきます。

そのほとんどが、高級霊であると認識せず
普通に暮らしているのです。

自然霊

生き物としての生(目に見える形)を受けたことが一度もない霊です。

最初からエネルギーの状態で、
神格級の高級霊です。

主に、植物などに宿る妖精・土地の神・稲荷・天狗・龍神などがあたります。

基本自然現象を操る力を持っています。

幽霊と同様、高級霊と低級霊がいて、
高級霊の最高クラスに「神」が位置するのです。

低級霊は狐憑きといわれる現象をもたらし、
日頃から人間に悪さをします。

死霊

亡くなった人の魂です。
基本ネガティブなイメージで、この世への恨みつらみを基盤にして行動します。

大半の死霊は凄まじい負の執念の塊です。
「怨霊」として人間に憑いて不幸をもたらします。

ですが人間に害をもたらす以外には自らが亡くなった場所に留まったり、
命を奪った人間についてまわったりするなど、さまざまです。

山霊

日本の山岳信仰に基づく、神聖な山に宿っているという霊です。

昔の日本人は、山があの世に最も近い場所だと信じていました。

霊的パワーが多く集まっているとされ、
神霊や死霊が引き寄せられたのです。

山は、一般世間の人は簡単に踏み入ることのできない神秘的な空間となりました。

まとめ

霊は3種類のタイプに大別できます。

人間を守る「霊」と、
神やこの世界全体のパワーを表す「霊」、
人に悪さをする「霊」などです。

一番知名度のある幽霊は、
かつて人間として生を送っていたものが多いです。

生前中に不慮の事故や病気、
何らかの望まぬ形で亡くなっています。

肉体は消滅しても、意識(思い)は残り、
自らが死んだと気付かず現世に留まるのです。

これらすべてに共通するのは、
形をもたない「想念」の状態で
形のある人間に取り憑いて行動するということです。

霊の種類を把握するのにこの記事がお役に立てれば幸いです!

コメント